読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

創作が好き、ゆえに。(ごあいさつ)

創作活動について

 

こんにちは、はじめまして。

猫宮ゆりです。

 

普段は別名義で、二次創作の小説中心で同人活動しております。

 

いま、「ゼロからはじめる小説同人誌」というサイトをつくっている

最中でして、このブログもそこでのより細かな情報提示の一環、

なのですが

なぜわたしが、そういったサイトをつくることにしたのか。

 

ちょっとだけ、その辺りをここへ、ごあいさつついでに記して

おこうと思います。

 

 

そもそも……。

同人誌のつくりかた指南、小説同人誌のハウツー情報は、すでに

優れた先人のかたがたくさんおられます。

 

少し検索すれば、誰でも簡単にそうした良質な情報を得ることが

できるし、

教えてくれる人や、同人誌の装丁や入稿データをつくってくれる

サービスの人だって、大勢いらっしゃいます。

 

だから、自分がそのようなことをしようとは、ちっとも考えてなんて

いませんでした。

 

さほどそうしたことに明るいわけでもないし、何か抽んでたDTP

スキルやデザインの才能や経験があるわけでもないし。

 

もっと詳しい人、キャリアの長い人、上手な人やすごい人がとっくに

その知識や技をシェアしてくださっているのだから、もうそれで充分。

 

自分はこれまで通りに、自分の好きな本をひたすらつくっていけば

いい、それで超幸せだし、ていうかつくりたい本ありすぎて毎週

新刊出したいぐらいなんだし!

 

……と、そう思っていました。

 

確かにそうなのですが、わたしは、ほんっとうに創作が好きです。

 

ものごころついた頃からひとりでずーーーっと本を読んだり物語を

つくってばかりいて、小説を読んだりつくったりすることが好きで、

そして、「創作している人」も、大好きなのです。

 

創作を通じて、素晴らしい友人たちともご縁をいただきました。

 

そして思うのです、きっとこれからも、そういう人が大勢出てこられる

って。

 

創作が大好きで、楽しくてしかたない!!って人が。

 

この先の同人界がどうなっていくのかわたしにはわかりませんが、

でもきっと、それだけは言える。

 

そしてもうひとつ、創作が好きで素敵な作品をつくる人は同時に、

とっても控えめで謙虚で、遠慮深いかたが多いということも。

 

「いえいえ私のなんて、……」とか、

 

「そんな、本になんてしないですよ、恐れ多いです」とか、

 

「地味にやってるだけですから……」とか、

 

 

もちろん。

あくまでも、本人が好きでそうしてて、それで万事OK幸せいっぱい、

なのなら、良いのです。

 

別に、たくさんの人に知ってもらえたら偉いわけじゃないし、

同人誌がいっぱい売れたらすごいわけでもない。

 

わたしも基本そうなのですが、正直、自分がつくりたいからつくる、

であって、誰も見てなくたってぜんぜんかまわない。

 

そうなら、もちろんそれでいい。

 

でも、もし、「やってみたいな……」って思いながら、

「でも私のなんてなあ」って、ひっこめてしまうとしたら、それは、

とっても、もったいない……!

 

 

「自分の作品をかたちにする」って、ほんとうにうれしくて、幸せで、

ものすごくわくわくすることです。

 

この世には、星の数ほどの楽しいことや面白いことがありますが、

創作する表現する、同人誌をつくるって、それが好きな人にとっては、

他の何よりもエキサイティングで幸福で心躍ること。

 

わたしはそうです。

おばあになるまで続けても、かたちにしたいもの全部つくれるかどうか、

ってくらい、やりたいものが尽きません。

 

でも、創作をやめていた時期もあったし、web上では公開しても、

紙媒体にすることには踏み出せなかった時期もありました。

そのころは、

「わたしのなんざ、紙資源を消費してまでかたちにするようなもんじゃ

ないっす!」って、思っていたので……。

 

でも、「やってみたい」気持ちは、ずっとあった。

だったら、そっちを、大事にしたい。

そう思えるようになってから、いろいろなことが変わっていきました。

幸せな体験がいっぱい増えました。

 

 

同人誌もたくさんつくったし、アンソロジーも主催したし、

よそさまのアンソロジーに参加させていただいたり、

おかげさまで、たくさんたくさん美しいご縁に恵まれました。

 

だから、ほんとうに微力ではあるけれども、

その「やってみたい」を行動に移せるためのきっかけや、下地や、

後押しになり得るものを、用意したい。

 

わたしが知ってる限りのこと、わかってる限りのこと、

示させていただけるすべてのことを、

それが役にたつかたへお渡しできるような、そういうサイトを

つくりたいなって、そう考えていまに至ります。

 

ここに記すことは、どんなに拙い情報であろうと、全部「ほんとの

こと」にしようと、それを第一に思います。

 

ここも、サイトも、情報がきちんと体系化されるまではまだ時を

要しますが、じっくりゆっくり育んでゆきたいです。

 

おひとりでも、それが必要なかたがおられたら、とても光栄に

思います。

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

猫宮ゆり

サイト ゼロからはじめる小説同人誌

Twitter @novel_doujin