読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

名刺やペーパーにひと工夫、小説同人誌サークル向きのPR方法。

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

今回は、先日好評?だったユリお姉とともに、

小説同人誌サークルさん向きの楽しいPR方法を、

手順を追ってお話します。

ユリお姉ー!!

 

ユリお姉>

ちょっと!!

アタシあれからずーーっと

出番待ってたってゆーのに、あんた、

呼ぶの遅いじゃない!!

てか何?小説同人誌サークル向けの

PR方法って何よ?

イベントで小説無配を渡すとかなら、

アタシもうやってるったら!!

あんた遅れてんのよ!!

 

 

……いや、ええと……。

今回のPR方法は、

「自分らしい表現を多くの人に見てもらえるきっかけづくり」

繋がることです。

 

これはとても大切で有意義ですが、表現形態が小説の場合、

なかなか広がっていきにくい部分もあるのですよね。

 

たとえば表現がイラストだったら、TwitterのTLに流れてきたり

同人イベントでチラシをもらって一瞥するだけでも、

好き嫌いの判断がすぐにつきます。

 

「あ、いいな」

「この絵、かわいいな」

「好きだな」

「ちょっとあんまり好きじゃないかも」

 

好き嫌いのどちらであったとしても、瞬時に反応が出てきやすいです。

 

けれど小説の場合、まず中身を読まれないことには

好みか否か、それさえ判断しようがない媒体なので、

pixivやサイトなどで作品を知ってもらうほかはどうしても、

PRの効果を上げにくいといえます。

 

そこでまずは「きっかけ」を手軽に、簡単につくってみる、と

いうことで、小説サークル向けPR法をメイキングでご紹介してみますね。

 

 

☆PR方法: 

自サークルの名刺やペーパーなどに、SSを掲載した

ページへのリンクになっているQRコードを入れて配布する

 

 

f:id:novel_doujin:20161206132729p:plain

QRコードの使用イメージとしては、↑こういうものですね。

(この例は、当サイトのPRフライヤーです)

それを、SSページへのリンクURLで作成して、

名刺やペーパーに掲載するわけです。

 

あ、なるほどねー。

確かに一理あるわ。

 

小説は最低でも何行か読まなきゃどんな雰囲気か

わかんないし、その作者の傾向とかも見えないもんね。

 

だけど、限られた時間でいっっぱい薄い本を読み漁りたいオタク心と

してはさ、どこの猫の骨だかわかりもしない奴の本を試し読みするより、

大好きな書き手さんの作品を1冊でも多く堪能したいって思っちゃうし。

だから、きっかけづくりが大事ってのは言えるわね。

 

でも、SSのっけたページにリンクさせたQRコードを名刺とか

ペーパーに入れて配るって、そんな有効かしら?

てか、やってる人は前からやってるじゃないの。

 

しかも、わざわざそのQRコード読み取ってまで試し読みなんてする??

あとさ、そこまでして読んでもらって、そのSSがつまんなかったらもう、

めっちゃしょーもなくない??( ;´Д`)( ;´Д`)

 

そう。

そこなのです。

でも、だからこそ、工夫しがいがあります。

  

 

まずは、SSを作成して自サイト内の新しいページなどにアップ。

このSSは必ず書き下ろしにして、そしてこの掲載ページは原則、

他ではリンクしないようにしておきます。

 

ふんふん。

特別感ってことね。ここでしか読めません!ってやつね。

 

 

そうです(/・ω・)/

またこのSSは、1本で短く端的にまとまっているものにすること。

あくまでも「知ってもらうためのきっかけ」ですから、あまり

長ったらしかったりいくつもあったりすると逆効果になります。

これこそは!といえる自信作をつくりましょう。

 

もし読み手が気に入って、「もっと読みたい!」と思ったら、

人は探してでも読むので、きっかけは簡潔にします。

(もちろん、サイトURLやpixivのIDなどは媒体に並記します)

 

なるほどね。

きっちりまとまった作品をつくる鍛錬にもなるし、

意外と、いーんじゃない?

で、QRコードはどうするわけ?簡単にできんの?

 

 

はいよっ(*´▽`*)

SSができたら、そのSS掲載ページのURLを使って、

いよいよQRコードをつくっていきます。

 

無料でQRコードをつくることのできるサービスはたくさんありますが、

わたしは印刷通販のグラフィックさん内のツールがわかりやすくて

好きです。

 

サービスを使わせていただいて、そのままグラフィックさんでその名刺や

ペーパーを印刷できるのも便利ですし。

 

グラフィックさんのサイトを開いたら、

ツール使用にはログインの必要があるので、まずはログインするか

会員登録がまだの場合は登録を済ませます。

それからサイトトップの「便利なツール」内「QRコード作成ツール」を

クリック。

 

そうすると、コード使用時の注意ポイントが出るのでよく読んで、

「今すぐ利用する(無料)」を選択します。

 

すると、別枠で作成画面が出てきます。

「作成ガイド」を開くと、さまざまな注意事項が閲覧できるので、

初めて作成する際はよく確認しましょう。

 

f:id:novel_doujin:20161226180219p:plain

 

問題なければ、「作成したい文字列」の欄にSS掲載ページのURLを

コピペして、「作成する」をクリックします。

pngかJpgかは、使う用途と好みで選びます)

 

f:id:novel_doujin:20161226180253p:plain

 

できあがると、完成コードのダウンロードページが出てきます。

そのままダウンロードして、Photoshopで開いてみるとこんな感じに。

 

f:id:novel_doujin:20161226175152p:plain

これは、サイト「ゼロからはじめる小説同人誌」のURLで作成したものです。

 

 

ほんと簡単じゃない。もうできちゃったのね!

あとはこれを、選択→コピーして、のっけたい場所に貼りこめば

いいわけね!!(*'ω'*)

 

 

その通り(/・ω・)/

名刺や、ご挨拶のペーパーなどに載せていきます。

そして、そのQRコードが限定SSのリンクである旨を、忘れずに付記して

おきましょう。

グラフィックさんで印刷したら、あとはどんどんお配りするだけですね。

※グラフィックさんでも解説されていますが、必ず読み取りの

チェックは実施しましょう。

 

 

なかなかいいじゃないのよ(*'ω'*)!!

でも、自分が配れる人に配るだけだと、

「きっかけ」って感じしなくない?

 

 

そうですね。

そういう時は、ペーパーの委託配布協力をおこなっている

サークルさんに配布をお願いすると、自分の知らない人の

ところへ届きます!

 

「ペーパー」というと過去のもの、と考えているかたも

おられたり、お若い世代のかたではなじみがないケースも

あると思いますが、

まだまだ現役でペーパーを活用している人も、配布協力を

おこなっているかたも大勢いらっしゃいます。

 

そうしたかたとコンタクトをとることで、新たなご縁も拡がって

いきやすくなりますね。

 

(わたし個人も、イベントのたびに新しいペーパーを

作成しています(/・ω・)/

ペーパー作成が不得手なかたには、ペーパー作成代行も

サイトの方でおこなっております。

ペーパーにも新作SSを収録したりして、つくるのも楽しいですよ!)

 

また、名刺にこのSS掲載QRコードを載せた際は、同人イベント参加の

折にお隣サークルさんへお渡ししたり、

自家通販を初めて利用してくれたかたへお送りしたりするなど、

挨拶用としても活躍してくれますよ。

 

そうよね。

それに、これを応用したら、自サイトの限定秘密ページを伝えるとかも

できちゃうし、

同人誌の奥付に簡易感想フォームをのっけるとかも、小さいスペースで

できるわね。

 

他にもいろいろ使えそうだし、小説サークルでも手軽にやれるってゆー

のもポイント高いわ。

今年はもうちょっぴり遅いけど、お年賀状に年賀SSのURLつき

コードを載せちゃうってのもイケてるわよね!(*'ω'*)

 

 

そうなのです!

アイディア次第でいろんな使いかたが可能なので、ぜひ

お試しくださいね。

やりかたや、ペーパーの配布に関してなど、ご不明点があれば

「ゼロからはじめる小説同人誌」サイトのお問い合わせフォームなど

からいつでもお送りくださいませ。

 

こーゆーことが知りたい!とか、リクエストも待ってるわよ!

あっ、でも、「ユリお姉の活動ジャンル」とかそーゆーのはダメよ。

アタシの性癖は宇宙規模で秘密なんだからっ。

え?どーでもいい?ちょっと!!何よ!!ねえ!!ああ!?

(お姉、またしても強制送還)

 

 

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin