読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

「小説同人誌は買わない・読まないという層」のこと

同人活動について 創作活動について

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

明けましておめでとうございます。

Twitterではご挨拶をしていましたが、ここの更新は本日が

本年初となります。

改めまして、旧年中はありがとうございました。

今年も何卒よろしくお願い致します。

 

っと、

 

 

ユリお姉>

ちょっと!!!

いつになったらアタシも

ご挨拶できんのかって、

待ちくたびれたじゃないのよ!!

みなさーーーーん、

今年も、どうぞ、

よ・ろ・し・く・ねっ!!

みんなが自分の

「これ好きなんだぜ文句あっか!!」

ってゆーよーな作品を、

これでもかと生み出せる

1年になること、アタシ

全力で祈ってるからっ!!(*'ω'*)

 

 

……鼻息荒いね……。

ともかく、ユリお姉ともども、今年も濃い発信をたくさんして

ゆけたらと思っております。

 

さて。

2017年最初の更新は、

「小説同人誌は買わない・読まない層」について。

 

過去にもここでお話してきた、

「小説同人誌だと手に取ってもらえない」

とか、

「小説同人誌だと、『なんだ小説か』って感じの態度をとられる」

とかのテーマと重なってくるのですが、

確かに「小説同人誌だと買わない・読まない」という人はいます。

 

同人小説は一切読まない、という人、

アンソロジーに収録されていたらまあ読む、という人、

普段は読まないけど好きなサークルさんがいて、その人のなら

読む、という人。

この辺りは、さまざまです。ね?

 

 

そーねえ。。

ていうか、そういう層の人ってさ、一般文芸とか文学も

全然読まないのかしらね?

それとも同人だけってこと?

どーなのかしら。

 

 

うーん。

いわゆる「本を読まない」という人で、だから同人誌でも、漫画だけ

読む、ということか、

それとも小説は読むけど同人誌は漫画派、ということか。

その辺りは、もちろん個人差もあるでしょうが、

確かにどうなのでしょうね。

 

 

まあアタシはどっちだっていいんだけど、でも、

なんか、普段から本読まないーって人とか文章読むの苦手ー、

嫌いー、って人が小説同人誌読まないのは理解できるにしてもよ、

一般小説や文学作品は読むけど同人誌では漫画オンリー、

って人って、ちょっと、こう、……あれじゃない?

 

 

あ、あれとは……。

 

 

つまりあれよ、ほら、意識高いってゆーか、

「同人で小説書いてるやつの作品なんて読むに足らん」

みたいな考えなんじゃない??

だから読まないんじゃない?違う?

 

 

あー……。

一理ありそうですね。

まあ、それ自体は個人の主観ですし、そういう考えを持つ

ことは全然いいと思いますが。

 

 

そう。

アタシには関係ないしね。

けどさ、そーゆーふうにだけ考えてるのって、

もったいないっていうか、損はしてるわよね。

だって、小説同人誌には素晴らしい作品が山ほどあって、

素晴らしい創り手がうじゃうじゃいるんだから。

それに目を向けようとしないのは、単純にもったいないわよねえ。

 

 

そうですね……。

好みが判断しやすくてどんどん読める漫画作品とは違って、

小説の場合ある程度は読み進めないと好みか否か見えてこないし、

長い物語だと読むのに気合いや時間も必要だから、

ハズレを引きたくない、という事情もあるのかもしれません。

でもやっぱり、小説同人誌好きの我々からすると、

もったいない。ですね。

 

 

そうよ。

もったいないわよ!!

アタシは、「この小説同人誌を知らずに墓にはいれっか!!」

ってぐらい、大好きで大好きで、それを今世で知ることができて

よかった!!って思える作品がたくさんあるわ!

 

でも、それも、やっぱ、個人の選択の結果なのよね。

それこそ、人それぞれ好みもあるわけだしね。

だから、読まない層のことは置いといて、

アタシらはアタシらの「これが好きだ!!」ってものを

貫いていけばいいのよ。

自分に集中すんの。

結局、それがいちばん平和だし、いいものもつくれるしね。

そーやってってるうちに、読まない層にも思いがけない

かたちで届いたりとかもするもんよ。

 

 

 

だねー(*´▽`*)

気にしても仕方のないことは気にせず、

自分のつくりたい作品に集中する。

 

それが、最強の在りかたですね。

 

今年も突き進みましょう!

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin