ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

小説同人誌の、価格設定の話。

 

こんばんは。

猫宮ゆりです。

 

折に触れて話題になる、同人誌の価格について。

こればっかりはほんとうに、唯一無二の正解もないし、

こうするべきという指針もない。

でも、

なんとなく暗黙の了解的に、各ジャンルによって

相場のようなものも存在している……。

 

そんな感じでしょうか。

ユリお姉はどう思う?

 

 

ユリお姉>

そうねー。

これもほんっとに、ある意味、永遠のテーマよね。

みんなが悩むのもわかるもの。

「自分のサークルだけ周りより高いと思われたらどうしよう」

とか、

「かといって安すぎて周りから迷惑がられてたらどうしよう」

とか、

ぐるぐる考えちゃいやすいポイントがいっぱいあるもんね。

旬ジャンルは旬ジャンルで、比較対象になるものがたくさん

あるから気つかうし、

マイナーはマイナーで、「あんま高くしたらまずいかな」とか、

なんか、そんな空気あるしね。

 

 

やっぱり、特に女性向けサークルさんや女性が多いジャンルは、

あれこれ気をつかう場面が増えがちですね。

ユリお姉は、どうやって本の価格決めてる?

 

 

アタシの場合は、自分の本の値段で迷うことはないから、

早いわよ。

超単純に、A5の本ならページ数で考えて、

たとえば表紙込み76ページなら700円。

46ページなら400円。

86ページなら800円よ。

 

けど、仮に表紙込み50ページだったら、400円にする時と500円に

する時がどっちもあるわね。

事務ページがほとんどない50ページなら500円にしちゃうし、

事務ページが多めの50ページなら400円にしとく。

あと、特殊加工や特殊装丁は関係なしね。

それをやるのは創り手の自己満足だから、価格には上乗せしないわね、

アタシは。

 

それと、再録だったら-100円、アンソロとかもおおよそ-100円。

 

あ!オフセかオンデマかコピー本かは、価格を考える上で

関係ないと思ってるわっ。

コピ本だから安くしなきゃとか萎縮することないわよ。

 

 

ああ、それはわかりやすいね(*´▽`*)

あと、他に気をつけてることとかある?

 

 

そうね、あとは、

「全部売れても赤が出る勘定ではつくらない」

ってことかしら。

アタシにとっては、本づくりや同人活動は、

長く続けていきたいことだから、

やっぱりそういう部分で赤が多いと、継続してくことが

だんだん難しくなっちゃうじゃない?

 

オフセットである程度の数を刷れる時はともかく、

マイナーCP本をオンデマンド少部数で出したい時なんかは、

ちょっと装丁凝ると1冊あたりの単価がぶっ高くなっちゃう

でしょ。

そこらへんをいろいろ工夫して、凝りつつ赤を出さないラインを

探る感じね!

 

少部数の時は、1冊からOKな印刷所さんでつくりたい数より

ちょびっとだけ少なめにお願いして、

余部で総数を足らすようにしたり、

超マイナー嗜好ものだったら事前に希望を募って、受注生産スタイルに

するとかも無駄がなくてレア感もあってアリよね(*'ω'*)

あと、トータルで考えるようにして、今回は箔押ししちゃったから

次はシンプルな本にしようとか、年間単位でうまいこと帳尻を

合わしてくってのもいいと思うわ。

 

そうやって、負担のないかたちで本をつくるようにすれば、

より長く楽しく続けられるでしょ。

あと、本の中身もそうだけど人と比べないってことね。

比べたってどーしよーもないでしょ。

自分で決めんのよ。

 

 

なるほど!

確かにね。

 

 

あっ、ただ、今ちょうど時期だから言うけど、

同人活動も一定以上の売り上げがあったら、ちゃんと確定申告しなきゃ

ダメよ!

隠してると、どっかからばれるらしいからね……

それは、気をつけてね。

アタシとの約束よっ☆

 

あと、一次創作はともかく、原作のある二次ではやっぱり、

あまりにも売れちゃうと(利益が出ちゃうと)いろいろ、

やっぱりまずいから、数百部以上はける人はちょっと工夫したり、

気をつけたほうがいいとは思うわね。

 

じゃあまたね!(*'ω'*)

 

 

それらの辺りは本当に大事なところですよね。

うっかり、のないように……。

そこは気をつけて、楽しく同人活動を続けたいですね。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin