読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

小説同人誌の、本文用紙の話。

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

小説同人誌の、本文用紙についての話題です。

以下、参考写真は印刷所さんの紙見本より。

 

本文用紙、すぐに思いつくのはやっぱり「淡クリームキンマリ」ですね。

目にやさしい、長時間読んでいても疲れにくい、

見やすい、頁をめくりやすい、など

小説本向けの長所を備えています。

 

確かに、両面が平坦でさらりとしていて、触れた時の質感の

柔らかさは格別です。

 

f:id:novel_doujin:20161123125149p:plain

 

参考写真はSTARBOOKSさんの淡クリームキンマリ90kg。

マットな質感を誇る従来機印刷と、グラデーション再現の美しさが

魅力の新機種印刷、見比べることができます。

わたし個人は、新機種でお願いしています。

 

STARBOOKSさんの本文用紙は他に、小説本向けのものでは

オペラクリームウルトラとオペラホワイトウルトラ、

f:id:novel_doujin:20161123125218p:plain

 

また全般向けのキンマリSW70kgとキンマリSW90kgがあります。

 

f:id:novel_doujin:20161123125241p:plain

f:id:novel_doujin:20161123125305p:plain

以前は、ラフクリーム琥珀というオンデマンドノベルズ限定の紙も

ありましたが、今は扱っていないようです。

 

 

コミックモールさんの書籍用紙クリームは少し、

淡クリームキンマリとは色と質感が異なる感じがします。

 

同じくコミックモールさんの書籍用紙ナチュラルは、若干

ざらりとした手触りで紙の地色も寒色っぽく(でも、冷たい

感じはしない)、

これはこれで個人的には好みです。

書籍用紙ホワイトは、まだ使ったことがありません。

 

f:id:novel_doujin:20161123125408p:plain

 

以上3つの参考写真は、コミックモールさんの紙見本より。

 

 

嵩高のアドニスラフも、淡クリームキンマリのなめらかさは

ないですが、独特の感触と軽さでいい味を出します。

これでつくった本は実際、非常に軽いです。

参考写真はコミプリさんの紙見本より、アドニスラフの

ナチュラル・ブルーグレー・クリームピンク。

 

f:id:novel_doujin:20161123125433p:plain

 

コミック紙クリームと、上質90kg、上質110kgも一緒に

写しています。

 

小説本であっても、上質紙系でも極端に目が疲れるということは

ないと感じますし、

あたりまえですがどの紙にもそれぞれ特徴がありますね。

 

個人的には、小説同人誌の本文用紙はこれ!と決めてしまう

より、

毎回、つくる本のコンセプトやイメージに沿って決定するのが

好きです。

 

枚数の多い時はやっぱり淡クリームキンマリかな、とか、

アンソロジーならオールマイティーなコミックルンバホワイトだな、

というように。

 

震災復興支援をかねたモンテシオンや、印刷所さんによっては

オリジナルの本文用紙などもありますし、あれこれ試してみたいものですね。