ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

印刷所レビュー・ワンブックスさん(RED TRAINさん)

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

 

印刷所レビュー、今回はワンブックスさん。

 

ワンブックスさんは、株式会社RED TRAINさんの中の

サービスで、

「1冊でも100冊でも単価が同じ」

「1冊から本がつくれる」

という趣旨で脚光を浴びていますね。

 

利用方法は、ワンブックスさんのサイト内予約フォームから

まず予約を入れます。

最近、非常に人気が沸騰していて、予約日は1か月前から

確保できるのですがあっという間に埋まってしまうので、

希望の日を押さえられない場合も多いです。

イベント合わせで使いたい時などは、よほど気合いを入れて

予約を勝ちとらないと難しいでしょう。

また、生産も追いつかないほどの状態が続いているため、

納品までの期間も規定よりかかると思っておくと無難です。

(わたしは今回、自宅納品で入稿から発送まで所要日数14日でした)

 

予約時は仕様などは暫定でOK。

だいたいのページ数と希望の用紙を選択して、

申し込みます。

 

予約日に入稿し、変更点などがあればその時に申し出ます。

 

ワンブックスさんは以前は、印刷の質がちょっと……という

声もあったようですが、2015年に印刷機を入れ替えたそうで、

現在の品質はかなり高いと感じました。

もちろんオンデマンドですが、カラーもモノクロも問題なく、

また本文用紙はたくさんの種類から選ぶことができるので、

個々の原稿データに合った紙を模索すると良いでしょう。

 

オリジナルの本文用紙もいろいろあり、

わたしが今回試した文庫サイズ専用のワンブックスノベル66kgは

なめらかでめくりやすい手触りでした。

 

ほんとうに1冊からつくれて、しかも他の1冊からOKの印刷所さんより

単価がむっちゃくちゃお安いので、

自分用やプレゼント用に1冊だけつくりたい、

友人との記念に2冊だけ、

などという場合にはぴったりだと思います。

(しかも文庫なら基本料金内で表紙・カバー・帯がセットです……!

カバーや帯の用紙も選べるし、オプションで遊び紙をつけたり

見返し仕様もできます)

 

逆にある程度の部数を刷るなら他社の方がお得になってくるので、

部数や用紙、装丁を考慮して使い分けると楽しいですね。

(なお、非常にお安いため、細かい原稿チェックなどは一切ないです。

よほど大幅なサイズ間違いなど、致命的な支障がない限り

そのまま工程が進められるので、原稿作成とチェックは自己責任で

念入りにしましょう)

 

それと注意点としては、帯やカバーのサイズもワンブックスさんで

指定されているけれどテンプレートなどはないので、自分で計算するか

サイズが同一の他社テンプレートを用意する必要があります。

(ワンブックスさんは他社テンプレート使用OKです)

わたしは、カバーはSTARBOOKSさん、帯はアクシス出版さんの

テンプレートをお借りしました。

 

ワンブックスさん、賢く使うとほんとうに本づくりが面白くなります。

 

ワンブックス

http://www.red-train.co.jp/onebooks

 

猫宮ゆり