ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

印刷所さんレビュー・STARBOOKSさん【再々追記しました】

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビュー、今回はSTARBOOKSさんです。

 こちらは、2016年から使いはじめた印刷所さんで、すっかりお気に入りになっています。

 

スタブさんは、

・1冊からつくれる

・オンデマンドもオフセットも

・自由度の高い本づくりが可能

・親切丁寧

 

というのが特色で、ほんっとうに細やかな対応とカスタマイズ自在な仕様の豊富さが魅力です。

 

じっくり相談すれば、たぶん、およそ考えつく特殊装丁はほとんどここで実現できる……でしょう。

 

紙の種類が多く、そして、他ではあまり見かけない紙もたくさんあります。

また、入荷限定数を終了した紙に関しても、リクエスト機能があって、それを使いたい場合、入荷リクエストを行うことができます。

(全ての紙でできるわけではなく、また必ず再入荷してもらえるわけではありません)

 

また、紙のひとつひとつに、複数のスタッフさんの紹介コメントがついていて、それを読んでいくだけでも楽しいです。

 

オンデマンドの本文印刷は、マット感を優先の印刷かグラデーションの再現を優先の印刷か、自由に選ぶことができます。

 

小説本向けのサービスもいろいろあり、オンデマンドノベルスという小説本に特化したセットや専用本文用紙もあります。

 

わたしはここで、

表紙をシェルルックツインスノー、本文用紙は淡クリームキンマリ、遊び紙前をキュリアスメタルのスーパーゴールド、遊び紙後ろをキュリアスメタルのレッドラッカーという本をつくりました。

作品のイメージ通りにできて、この仕様は他にできるところがなかったので。

 

また、

表紙ファンタスブラック、本文用紙は同上、遊び紙をクロマティコのベリーピンクという本もつくりました。

これも思いうかべた通りにつくっていただけて、とても嬉しい本となりました。

 

スタブさんはマイページのわかりやすさ・使いやすさにも定評があります。

 

マイページ上から仕様変更の手続きも何度でもできて、入稿後の途中経過も逐一マイページに反映されるので、最初ちょっと感動するほどありがたいです。

 

「ああ、入稿完了したなあ」

「あ、データチェックしていただけてる……」

「おお! 不備なく印刷工程に進んでる!!」

「あ! とうとう製本に入った!」

 

など、自分の原稿の進み具合が目に見えるように追えるので、入稿後のわくわく感がすごいです。

毎日マイページを開くのが楽しみでならない、そんな高揚を味わえます。

 

また、データチェックの段階で不備や確認事項があると、すぐに印刷所さんからお電話が来て、お話しながら確認をとれるので、そこもほんとうに親切で恐縮です……。

 

製本まで終わると、余部が何冊つくかなどもきちんとマイページで明示されます。

 

自宅納品の場合は発送の連絡がマイページ上はもちろん別途メールでももらえて、荷物の追跡番号まで知らせていただけます。

 

イベント直接搬入の際は「納品の準備ができました」メールが届き、搬入部数とスペースナンバーなども記載され、間違いがないか最終確認もできるようになっています。

 

ほんとうに、恐れ多くなってしまうほど親切なスタブさんですが、

さらに「毎割」というサービスがあり……、これは早く予約してその日程で入稿することで大幅に割引になる制度なのです。

 

オフセットなら最大50%以上の割引率、オンデマンドなら最大7500円割引になります。(※ぼうけんのしょシステムができて以降、レベルによってはさらに安くなります)

 

これを利用すると、お高い特殊紙も特殊加工も、あきらめていたような特殊装丁だってぐんと身近になります。

 

できる装丁の幅が広がると、創作の幅も広がります。

「この仕様でいけるなら、あの話も本にできる!」

そんな感激が、もっともっと近くなります。

 

1冊からつくれるので、自分だけの秘密の本や、お友だちへのサプライズプレゼントにもできますね。

 

スタブさん、夢がふくらむ印刷所さんです。

(記事初出:2016年11月17日)

 

【追記1】

スタブさん、いろいろと変化して、さらに充実の印刷所さんに進化していますね。

この記事を載せたあと、表紙ミニッツGAにフルカラー・遊び紙にスノーペトルホワイトとギンガムGA黒という本や、表紙TSギフト1ホワイトにフルカラー・遊び紙D’CRAFT_フラワーという本もつくりました。

 

また、スタブさんは、使用した特殊紙や箔のレビューを送るとポイントがもらえるサービスも便利ですね。

 

2017年はスタブさんでポストカード印刷もやっていただき、エスプリエンボスアラレにフルカラーで刷っていただきました。

 さらに、お客さまノート内で会員ランクサービス「ぼうけんのしょ」も始まり、面白くなりましたね。

 

(2017年12月16日追記)

 

【追記2】

2018年のスパコミ用新刊、1種を久しぶりでスタブさんにお願いしました。

今回は、モダンクラフト紙にCMYK+ホワイト印刷をやってみました!

すごくきれいに印刷していただけました。

また、本文用紙はオペラクリームウルトラにして、遊び紙はシナールスペクトラサイバーピンクにしました。

(余談ですがシナールスペクトラは廃盤になってしまいましたね……)

そして今回も、データ上でちょっとしたミスをやってしまっていたのですがすぐにお電話をくださり、親身な対応をくださいました。

スタブさん、やっぱり素敵な印刷所さんだなあと再認識でした!

(2018年4月22日再追記)

 

【追記3】

そして、2018年スパークの新刊も、スタブさんにお願いしました。

今回はファンタス赤を表紙に、本文用紙はオペラホワイトウルトラ、遊び紙は色上質黒という本にしました。

スタブさんでは大イベント合わせの際、早めに入稿すると次に使えるディスカウントチケットもいただけるので、それを目指してスパーク1か月以上前に入稿!

ぼうけんのしょのレベルは7から8になりました。

 

f:id:novel_doujin:20181105131744p:plain

 

イベント当日は、直接搬入でお願いしていたのでご挨拶にも寄っていただき、いつもながらきれいな仕上がりで大満足でした。

スタブさん、またお世話になろうと思います!今は毎日、せっせとマイページのクイズに参加してシルバーポイントをためている日々です(;^ω^)

 

(2018年11月5日再々追記)

 

 

STARBOOKS

http://www.starbooks.jp/

 

 

 

 

 

 

印刷所さんレビュー(グッズ編)Emayu*さん【追記しました】

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビュー、グッズ編の更新です。

今回は、同人グッズ……というかちょっとした私用で、

Emayu*さんにお世話になりました。

 

Emayu*さんは、「駄菓子屋さんみたいに気軽に楽しめる

グッズショップ」というコンセプトの、1個からグッズを

つくることができるグッズ系印刷所さんです。

ホームページも非常にかわいらしく、印刷用データに

まつわる難しいことがわからなくても利用しやすいショップ、

というお店なので、すごく親しみが持てますね。

 

わたしは今回は、57mmミラーをお願いしました。

これも1個からつくれてしまいます……!しかもお安い……。

 

注文も難しくなく、入稿データができたら専用のメールフォームから

申し込む+データ添付かファイル転送サービスのURLを申告するだけ。

メールのお返事も、かなり早くいただくことができました。

そして、入金の次の日にはもう発送連絡が……!

完成品は丁寧に梱包・固定されて届き、印刷もすごくきれいで

感動しました。

 

Emayu*さんは本当に初心者さんに優しく、データづくりにもややこしい

ことはなく、専用テンプレートもありますがそれもとても簡単なもので、

解像度も72dpiとかで「本当にこれできれいに印刷されるのかな……?」と

思ってしまうほどですが、小さな品だから全く問題ないのですね。

これはほんとうに印刷やグッズづくりが身近になりますね……!

でも、Emayu*さんでは対応はしっかりしていて、入稿と申し込みの際には

データに使用している画像や素材が自作のものなのかどうかや、フリー素材を

使用している場合はそのURLを申告する欄もあります。

(※現在はURL入力の必要はなく、チェックを入れる仕様になっています)

 

また、Emayu*さんにお世話になるならLINEでお友だちになっておくとお得です!

LINE限定のクーポンコードでお安くなるアイテムがあったりするので、

チェックしてみてくださいね。

缶バッジやマグネット、ミラーをつくるならとてもおすすめの印刷所さんです。

それと、OPP袋を別売りで購入できたりするのも便利です。

 

(記事初出:2018年6月22日)

 

【追記】

Emayu*さん、先日また私用でお世話になりました!

今回は、新アイテムのクリップをお願いしました。

32mm丸型のタイプです。これがまたとってもかわいくて……!

久々にお願いしたら、以前より少しフォームの内容も変わっていて、申し込みが手軽になっていました。

相変わらず対応もお早く、入金確認後、中一日で発送してくださいました。

(また、入金方法も選べ、クレジット決済も可能です)

梱包も丁寧で、印刷もとても色鮮やかできれいです!

お安くて1個から注文できるだけでもありがたいのに、対応の早さと丁寧さに満ち、どこか身近でほっこりできる感覚のある印刷所さんです。

 

(2018年11月5日追記)

 

 

Emayu*

http://emayu.web.fc2.com/

 

 

 

イベント後のアフターに便利なお店【東京ビッグサイト編】(追記しました)

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

 

今回は、同人イベントの後、いわゆるアフターを楽しみたい時におすすめのお店をいくつか、実際にわたしが行ったことのあるお店に絞ってレポートします。

東京ビッグサイト編】ということで、ビッグサイト周辺のお店と、あと番外編で新宿・東品川のお店もご紹介してみます。

 

まず、ビッグサイト近辺はお店が豊富にありますが、大イベント後ともなるとどこも毎回混み合うもの……。

早めに撤収すればともかく、イベント後の15時過ぎとかに行こうとすると、どこもいっぱいだったりしますね。

 

タリーズコーヒー|ショップ&レストラン|館内案内・サービス | 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

 

↑ここは席数101席とのことですが、店内も外の席もすぐ混みます。

以前、ここでスパーク後にゆっくりお茶した際は、早く撤収したお友だちに先に入ってもらい、場所を確保してもらって利用できました。

ビッグサイトからすぐで気兼ねなくお茶できるので、撤収してすぐ座りたい! 何か飲んで話したい!! という時にはおすすめです。

 

日比谷マツモトロー|ショップ&レストラン|館内案内・サービス | 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

 

↑ここは、当方が初めてスパコミにサークル参加した際、売り子さんとごはんを食べに行ったところです。

待たずにすぐ入れましたが、閉店が早いのでゆっくりお話するにはちょっと向かないかも。とにかくすぐにしっかり食事したい! という時には最適。

 

カフェ・ベローチェ 有明店 店舗詳細|店舗検索|株式会社シャノアール

 

↑こちらは、「コミケになると全国から店長クラスが集結する」とよく噂になる、伝説のベローチェですね(;^ω^)

ここはイベント後はまず超満員になるのですが、以前、スパコミのあと友人とこのビル近くの外のベンチでしばらく喋っていて、気づいたら17時半ぐらいになってだいぶベローチェがすいていたので、「じゃあ今から行くか!」と入りました。

ビッグサイト周辺のどこかで食事やお茶をして、二軒めに寄るなどすれば、大イベント後でも入りやすいかと思われます。

 

ドトールコーヒーショップ 国際展示場駅店 | 株式会社ドトールコーヒー

 

↑こちらは、国際展示場駅ドトールです。

ここへ行ったのは、スパークの後に友人と、とにかく座って喋りたい! でもビッグサイト近辺のお店はどこも満員だし……という時に「じゃあ駅まで行けば、ほとんどの人は別のところへ移動するんじゃね?」との仮説を立てて行ってみたら案の定、空席がけっこうあってゆとりを持って座れました!

すぐに休めて話せるので、ビッグサイトから近い穴場としておすすめです。

 

そして、今年のスパコミ後は友人たちと前もってアフターの約束をしていて、「新宿に行こう!」という話をしていました。

それで行った二店を紹介します。

 

(る)ハレノヒ ルミネエスト新宿店(新宿/洋食屋) - ぐるなび

 

↑新宿では、本命のお店を友人に予約してもらっていたのですが、ビッグサイトから新宿へ移動して少し時間があったのでここへ寄りました。

混んではいましたが回転が速く、すぐに座れてひと呼吸できたので良かったです!

イベント後のコーヒーフロート、おいしかったです……。

 

cafe WALL|カフェ ウォール

 

↑そして!

予約していったのがこちら。

メニューがたくさんあって、半個室が予約できる! というので、友人たちと話してここにしよう! と、かなり早くから押さえておいたお店でした。

ルミネエストから歩いていきましたが、わたし一人だったらまずたどり着いていないでしょう……(お友だちが案内してくれました)。

半個室は本当にいい感じの空間で、お手洗いも近いし、お料理もおいしく、飲みものはかわいらしく、女子に最適ですね(*'ω'*)

完全な個室ではないものの、かなり個室感が強くて外が全く気にならなかったです。

このお店は、新宿周辺に系列店もいくつかあり、半個室を備えたところも多いので、ぜひ。

 

それから、東品川で大好きになったお店も紹介します。

ここは、今年のスパコミの前日に、友人と話そうと言っていて

わたしの宿泊がいつもここ↓

イベント遠征時に使いやすいホテル【東京ビッグサイト編】 - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

に出てくる有明BAYホテルなので、友人がそこに近いところで会おうと、天王洲アイル近辺のお店を紹介してくれまして。

 

それが、東品川の

breadworks 

Lily cakes

 

↑こちらです。

一軒のお店の中に、この二軒が一緒に入っていて、両方のメニューをオーダーすることができます。

席がけっこうあって、ゆっくり座れるしお水はセルフサービスで自由という気楽さ。

おみやげにできる個包装のお菓子やコーヒー豆も販売されているので、食後のお買いものも楽しめます。

しっかり食事もできるし、ケーキ系などもいろいろあって、本当に居心地のよい空間でした…レシートを見直してみたら、17時半から閉店までいたようで長居してごめんなさい……!

(おしゃれだし食事もデザートもおいしかったです、ケーキとセットにできるコーヒーがお安いのにおいしくて、コーヒーのミルクはセルフで牛乳を入れられるようになっている仕様も良かったです)

友だちとでも一人でも入りやすいところなので、近くに住んでいたらしょっちゅう行きたいお店だなあと思いました。

 

イベント後のアフターが楽しいと、「またサークル参加するぞ!」というやる気とパワーももりもり湧いてきますよね。

イベント前も後も、有意義な時間をお過ごしくださいね!

 

(記事初出:2018年8月10日)

 

【追記】

おすすめのお店に一軒追加です。

これも番外編なのですが、ビッグサイトのイベントの後、新幹線などで帰るため東京駅方面へ移動する……というかたも多いと思います。

そんな時に便利な、東京駅すぐのお店です。

 

commoncafe丸の内センタービル店 | 心温まる大人のカフェレストラン | common cafe

 

こちらは2018年スパークのあと、アフターで行ったお店なのですがゆっくりできてとても良かったです。

コースで予約して行きましたが、お料理が運ばれてくるタイミングもちょうどよく、全体的な雰囲気もくつろげる感じで……ここは個室もあるのですが、わたしたちが利用した際はちょっと個室の予約をとることができず。

でも通常の席でしたが話しやすくて不便は感じませんでした。おしゃれなお店だけど、緊張してしまうようなムードではありません。

すぐそこが東京駅なので、新幹線で帰るお友だちともぎりぎりまで話せます。

 

また、良いお店があれば情報更新していきますね!

 

(2018年11月5日追記)

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

印刷所さんレビュー(グッズ編)・プリントプロさん

 

こんにちは、猫宮ゆりです。

印刷所さんレビュー、今回はプリントプロさんです。

 

プリントプロさんは、有名な印刷通販のプリントネットさんの姉妹サイトです。

プリントネットさんと異なるところは、より簡潔に低価格を実現したところ。

今(2018年9月~10月)はキャンペーン中ということもあり、本当にお安いです……!

 

プリントプロさんは、他の印刷通販系の印刷会社さんと同じく、会員登録するだけでポイントがもらえます。それも1000ポイント!

さらに、全国送料無料、税込み、土日祝日も営業日カウントされます。

姉妹サイトなのでプリントネットさんとはIDやポイントが共有されるのも便利な点ですね。

 

わたしは今回は、A4両面フルカラーオフセットフライヤー印刷をお願いしました。

これは今月スパーク用のペーパーで、10営業日コース・マット90kgを選択。

入稿はwebで簡単にできます。データチェックは自分で行い、OKなら入金や納期確認へ進みます。

途中経過はマイページ上で大雑把に「製版中」「印刷・発送準備中」などと表示されていきます。

きっちり10営業日で発送され、日本郵便で届きました!

(姉妹サイトのプリントネットさんだと、北海道は別途送料がかかるのですが、プリントプロさんでは送料無料なのも嬉しいですね。送付元は山梨県になっていました)

 

梱包は非常に丁寧で、依頼枚数と余部は別々の袋に入っていました。

オフセットなので余部は多く、41枚ありました!

印刷は非常にきれいでクリアな印象です。

 

使いどころとタイミングが合致すれば、ものすごくお得に使うことのできる印刷会社さんだといえます。

 

プリントプロ

https://printpro.jp/

 

 

 

猫宮ゆり

 

 

印刷所レビュー(グッズ編)・バンフ―オンラインショップさん【追記しました】

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビューグッズ編、今回はバンフ―オンラインショップさんをご紹介です。

 

バンフ―さんも、いわゆる印刷通販の会社さんで、同人用の印刷所さんではありません。

しかし取り扱っているラインナップが多彩で料金もお手頃なものも多く、いろいろと重宝するところのひとつといえます。

 

わたしは先日、バンフ―さんで角3封筒の印刷をお願いしました。

これは同人用ではない用途だったのですが、角3封筒をもっともお安く、100枚からの小ロットで頼めるところの中ではバンフ―さんが一番使いやすかったので決定しました。

(また、封筒は同人用のグッズとしてもいいな、と思いました。スマートレターやネコポス派のサークルさんは使わないかもしれないですが、クリックポストや普通郵便・ゆうメールの際は、サークル独自のワンポイントを刷った封筒で、というのもいいなあと)

 

封筒印刷はカラーか一色から選ぶことができ、専用のテンプレートもあるため安心してデータの制作ができます。

お値段設定もお安いのに、初回は会員登録すると1000ポイントもらうことができ、それをすぐに1ポイント1円分として、支払いに使うこともできます。

 

わたしはクラフトにピンクの一色刷りでお願いしたのですが、バンフ―さんはとにかく各種の連絡が迅速で、入稿や入金の確認はもちろん、データチェックが済んだ時と発送時にもメールが届きます。

送付された品は、段ボールの箱を開けると封筒がそのまま入っていましたが、箱のサイズもほどよい感じなので目立った傷みもなく、こちらにお願いしてよかったなと感じました。

 

また、すごくよかったのは、バンフ―さんでは何かわからないことがあった時、サイト内のチャットからリアルタイムに問い合わせができるのですが、これが便利で。

疑問点をお聞きしたらすぐに繋がって教えていただけ、対応も丁寧にしていただけました。

フリーダイヤルもあるのですが、わざわざ電話してまで聞く感じでも

ない…とか、印刷のことって横文字や専門的な用語も多いから、文字で打った方が

伝えやすいと個人的に感じるので、こうしたチャット機能はとてもいいですね。

(なお、バンフ―さんではより専門的な回答を求める際は、DTPオペレーターさんに直接質問できることも特徴です)

 

バンフ―さん、また活用していきたい印刷会社さんです。

 

(記事初出:2017年12月28日)

 

【追記】

バンフーさん、久々にお世話になりました!

今回は、A3オンデマンドチラシ印刷(モノクロ)をお願いしました。

これ、受注から一日納期で発送してくださるのです……!

送料込みの価格・ポイント値引きもきく・さらに、バンフーさんのロゴを制作物に入れると割引かポイントアップになります。

使える紙種も豊富で、お値段もお手頃。

梱包も、今回は二重に包まれていました。仕上がりもきれいですし、オンデマンドですが余部も4枚ほどついていました。

 

(ちなみに、今回のこの用途は、今月7日スパークでの無料配布です(*'ω'*)

二次創作名義の方で参加するTKIプチ用の無配折本をつくりました。

ニューエイジ110kgに刷っていただいたので、とても丈夫です。

 

スパーク、ご参加の方様はお時間がありましたら、お気軽にお立ち寄りくださいませね。)

 

(2018年10月4日追記)

 

バンフ―オンラインショップ

https://www.vanfu.co.jp/

 

猫宮ゆり

 

 

 

折本作成ツール「ottee」使用レポート

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

今日は、折本を手軽につくれるツール「ottee」を使用してみたレポート記事です。

 

折本の原稿をデータ作成するについては、もちろんいろいろな方法があります。

ottee以外のツールもありますが、わたしが今回otteeを選んだのは、

・使い方のレビューがたくさんあってトライしやすそうだった

・画像を楽に配置できそうだった

・ツールの容量が軽い

などの理由によります。

 

otteeは、

Ottee ダウンロード

↑こちらからダウンロードして使うことができます。

WindowsMacいずれでもダウンロード可能です。

使い方マニュアルは、

Otteeの使い方

↑こちらに目を通して、あとは起動しながら覚える感じですね。

 

 

otteeで折本(小説本orイラスト本)を作る - Togetter

【折り本】「Otteeの使い方」漫画/ゆすら [pixiv]

 ↑こちらの解説にとても助けられました!

 

 

実際に折本のデータをつくっていく過程としては、

事前につくりたい折本の台割を考え、小説本文を先に完成させておきます。

使いたい画像なども作成して準備します。

 

今回実際につくった台割は、

A4サイズ/全8ページで、

1 表表紙

2~6 小説本文

7 インフォメーション

8 裏表紙

というものでした。

 

小説本文は1ページにつき26文字×13行、游明朝8ptにしました。

otteeの文字設定では行間4余白4にしています。

ツールはダウンロードして使うため、PC内に自分が入れているフリーフォントなども使用できるのがいいですね。

 

できあがったデータはこのような感じです。

 

f:id:novel_doujin:20180824152317j:plain

 

(実際は、otteeでモノクロ用のデータだけつくって、このカラーのものは最終的にPhotoshopでカラーの画像を足して再編集しました)

 

otteeは、慣れれば面白い凝ったデータもつくれると思うのですが、わたしはまだそこまで到達しておらず……(;^ω^)

でも、ottee内で折本データを保存編集できること、完成したらPDFに書き出しできることだけでも便利ですし、動作も軽くてチャレンジしやすいツールだと感じました。

 

完成したデータは、自家プリントとネットプリント出力両方で刷ってみましたが、まずまずの仕上がり。

問題は、不器用なもので折る作業でした……(´-∀-`;)

初めてつくった試作はヨレヨレでズレズレです。

でも、セブンイレブン出力の方がコピー用紙の品質のためか、折りやすい感じがしました。

☆otteeのサイト内に、折本の折り方の解説も載っています。

 

f:id:novel_doujin:20180824153347j:plain

 

f:id:novel_doujin:20180824153424j:plain

 

ところでこの折本は、2018年8月26日開催の、

ちょこっと文芸福岡 - chocobun ページ! で行われる折本フェアに委託参加させていただくためにつくりました。

このフェアには100冊を超える折本が集まるそうなので、お近くの方様はぜひ。

そして、このイベントに時期を合わせて、多くの作者さんが折本をネットプリントに登録しています。

twitter.com

 

わたしの折本「花の背中」も、8月30日までセブンイレブンネットプリントに登録しています(*'ω'*)

 

 

 

一次創作「南風」のスピンオフ・A4・カラー・1部60円となります。

番号【07076604】※2018年8月30日いっぱいまで

もしよろしければぜひ!

折本、とても楽しかったので、また機会あればやってみたいと思います。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

印刷所レビュー・コミプリさん【追記しました】

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所レビュー、次はコミプリさんです。

 

コミプリさんは同人誌のほか、グッズも幅広くつくる

ことができる人気の印刷所さんですね。

 

うさぎのマスコットキャラクター「ものくん」がいて、

なかなかかわいらしいです。

 

ここは特徴として、少部数~大部数まで対応・オンデマンドと

オフセットどちらも受付・そして各印刷所さんの中でも使える紙が

多めなほう、ということが挙げられます。

 

すぐに送ってもらえる紙見本サンプルを見ると、とっても

豊富な紙種でカラフルでわくわくします。

 

そのサンプルを見て、わたしが実際に使った際は、

 

表紙を新シェルリンプレーンのカラー印刷、本文用紙は

アドニスラフのクリームピンクにしました。

 

そのときはクリームピンクは紙替え無料だったので

そうしたのですが、いま見ると無料はアドニスラフナチュラルの

ほうになっていますね。

 

遊び紙はタントセレクトTS-7のうす桃を使いました。

遊び紙の種類が多いことも、本全体のイメージがふくらむので

わたしはうれしいポイントです。

 

印刷も問題なくきれいで、オンデマンドの本文印刷はほんの

少し濃いめなのかもしれませんが小説本の場合、文字が鮮明に

読みやすくなるともいえるので、わたしは好きな感じでした。

 

また、コミプリさんは個性的な割引が多いことでも知られていて、

マスコットキャラものくんにちなんで、うさぎが登場する作品なら

常時11%引きになる、というもの。

 

うさぎそのものでなくても、うさぎに縁のある人物とか、

バニーガールのようにうさ耳のキャラが登場するなどでもOK!

 

そのほか、作中でキャラがスーツを着ていると5%割引適用のスーツ割も。

これには専用の遊び紙(セビロシリーズ)まであるという熱の

入れようで、二次創作の場合、原作でそのキャラがスーツ姿でなくても、

本の中で着ていれば歓迎とのことで、こういう企画も楽しいですよね。

 

そのほか、作中で水に濡れるシーンがあれば適用の「水割」もあります。

これは8%割引になる「水割」のほか、余部を増やせる「水増」にも

変更可能で、いずれにしても面白いサービスだな、と思います。

 

また大イベント前には早期入稿で20%割引のボス割が出現します。

わたしもこれを使いましたが、スパコミ合わせで4月18日入稿〆切だったので

そうべらぼうに早いほうではありません。

 

コミプリさんはマイページもわかりやすい仕様で、レスポンスも早く、

イベント会場への直接搬入も確実におこなってくれて便利です。

 

ただ、一度つくる同人誌の仕様を決めて予約したあとに、仕様を変えたい

場合はマイページ上での変更ができず、一度それをキャンセルして予約を

やり直さなくてはならないので、そこがちょっと不便かも。

 

またお値段だけでいえば、通常時の価格設定は少しだけ高め。

その分、ボス割などを使えるときは試しやすいと思います。

 

総合的には、守備範囲の広い印刷所さんです。

(記事初出:2016年11月17日)

 

追記

コミプリさん、なんと2018年8月いっぱい入稿分を最後に、同人誌印刷事業から撤退なさるそうです……。

寂しくなりますね……。

個性的な紙や割引を使える印刷所さんでした。

お世話になりました!

(2018年8月10日追記

 

コミプリ

https://comipri.com/