ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

第二回文学フリマ札幌イベントレポート

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

2017年7月9日に開催された、第二回文学フリマ札幌に

出店参加させていただきました。

その節は、どなたさまもありがとうございました。

今回は、そのレポート記事となります。

当方ブースは え-18 花月でした。

 

 

7月8日の夜行バスに乗り、9日早朝に札幌入り。

もろもろ用意を整えて会場のテレビ塔へ。

早朝は風も心地よく涼しかったですが、10時の出店者入場の

頃にはもうだいぶ暑くなってきていました。

 

設営中も暑かったですね!

そして、わたしは見本誌コーナーへ見本誌を置きにいこうとして、

その時初めて「あ」のブース列が違う部屋にあると

気づきました……(;^ω^)

 

それから、11時開場予定でしたが一般参加のかたが列をなして

待っていらっしゃるということで、数分開場が早まりました。

これも、自分の中で「おおお!」と感激でした。

 

イベントは終始、人が多く賑わいに満ちていて、

どの時間帯も盛況だったように感じます。

暑かったので、皆さま扇子やうちわであおいでいらっしゃいましたね。

 

途中何度か、文学フリマ事務局の方々が会場に放送をかける場面が

あり、それもとてもわくわくとして楽しいひとときでした。

まさにその場で、来年の岩手と札幌の文フリ開催が初公表されたり、

会場のみんながそれを拍手で祝ったりと、

いい雰囲気でしたね。

 

また、終わり近い時間になっても人が絶えず、ずっと賑やかな空気が

続いていたこともなんだか感動でした。

(二次創作中心のイベントですと、午後にはかなり人が減ってしまい

がちなので……)

 

16時のイベント終了のあと、会場の撤収作業も微力ながら

手伝わせていただきました。

あれだけたくさん並んでいた机と椅子が片づけられていき、

広々としたフロアに戻るさまは寂しくもあり、充実感もあり……。

 

改めて、ブースへお立ち寄りくださった方様、お買い上げくださった

方様、無料配布をもらってくださった方様、

ありがとうございました。

 

ほんとうに、雰囲気の良い過ごしやすいイベントでした。

 

ごみは持ち帰りとなっていたことは、遠征組のかたなどは特に、

たたんだ段ボール箱など大きなものを抱えて帰ることとなったり、

あるいは送る荷物が増えたりして、

少し大変だったかもしれません。

でもあらかじめわかっていたことですし、なるべく持ち物を

増やさないなど対策できる課題でもあるので、これはさほど

問題ではないですね。

 

ブース内の共有イス(各ブースとブースの間にひとつずつ

置かれている。どう使うかは出店者間で話し合い、不要な

場合は撤去する)については、

使わない場合、受付まで持っていくことになっていたのですが、

設営中でただすれ違うだけでも大変な、混みあっている中を

受付まで安全に運ぶのは少々難儀するかなと感じました。

共有イスを使う場合は事前申告とか、使う人が取りに行くなどだと、

混みあう中でのイスの移動回数は減らせるのかな……とも

思ったり。

 

いずれにしても、活気に満ちた良いイベントでした。

一般のかたの入場無料で、あんなに立派なカタログがもらえると

いうのもすごいことですよね……。

アンケートに答えてもらった、オリジナルステッカーも

かわいらしかったです。

 

どなたさまも、改めてありがとうございました。

 

 

https://c.bunfree.net/

文学フリマwebカタログ

 

http://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=151138

文学フリマ×エブリスタ 立ち読みカタログ 第二回札幌特集号

 

 

 

※猫宮ゆりの文フリ札幌個人誌新刊は現在自家通販中です。

「南風」花月@第二回文学フリマ札幌 - 文学フリマWebカタログ+エントリー

詳細は↑こちらから

「南風」通販受付

自家通販専用フォームは↑こちらから

 

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネットプリントでイベント用ポスターをつくってみたレポ

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

今日は、昨日の記事

小説同人誌サークルの、ポスター考(サイズの話) - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

の続きのような感じなのですが、

ネットプリントでイベント用のA3ポスターをつくってみたレポートです。

 

わたしは普段、二次創作でイベントに出ている時はオレンジ工房さんの

ポスター印刷を使っているのですが、

今回は札幌文フリ参加で印刷所さんの直接搬入がないため、

セブンイレブンで出力できるネットプリントでポスターをつくる

ことにしました。

 

ネットプリント自体は、以前から折に触れて利用していて、

それこそA3で出力したものをA5小説本の帯に使ったりなど

してきたのですが、ポスター用では初めて。

会員登録さえすれば、誰でもいつでもデータをアップロードして

好きなセブンイレブン店舗で出力できる点が便利です。

印刷品質は、コピー機ですが鮮やかですし、料金もお安く

使いやすいですね。

 

ただ、大きいデータをつくるととにかく悩みの種なのが、

「1データにつき10MB以内」という制限。

これは、けっこうな難問です。

 

 

そこで、今回のポスターデータをつくる際はA4サイズ+塗り足しで

作成しました。

A3への拡大扱いになってもポスターであればそこまで

気にならないですし、とにかく少しでも軽いデータをつくらなくては

なりません。

 

大きな画像などがなければずいぶん違うのですが、

今回はわたしはどうしても、新刊のカバー表紙と揃えたかったので、

この全面画像は捨てられないポイントでした。

 

f:id:novel_doujin:20170624101149j:plain

 

そして、とりあえず仕上がった時点でデータサイズは

44MB。

おお……果てしなく無理です。

致し方ありませんから、切り捨てていけるところから

軽量化作戦を実施。

 

まずはカラーモードをCMYK→RGBに変更。

少し軽くなりましたがまだまだ。

解像度を350dpi→330dpiに。

そして、それをpngデータに書き出してみたところ、

容量は約9MBに。

いける!

 

そしてネットプリントに出力サイズA3でアップロードして、

最寄りのセブンイレブン店舗へ馳せ参じます。

プリントしてみたところ、問題なしでした(*´▽`*)

 

紙が薄いのだけは、あともうちょっと厚かったらいいなあと

思わなくはありませんが、

でも、こんなにお手軽にお得にポスターを用意できるのですから、

これで充分。

色合いも元データと大した違いはないですし、解像度もほとんど劣化は

感じられません。

 

そして、四辺にできた白フチをカットして終了。

 

イベント会場までの持ち運びを考慮すると、前もって印刷せずに

当日会場までの間のセブンイレブンに立ち寄って出力してもいいと

思います。

セブンイレブンなら、あちこちにありますしね。

それこそ東京ビッグサイトのイベントでも、各コンビニは

国際展示場内にありますし。

 

わたしは、昔とったなんとやらで家にいくつかあった賞状ケースの

筒にポスターを巻いて入れて持っていくことにしました(;^ω^)

これだと頑丈ですし、けれど軽いですしね。

 

 

そんなわけで。

今夜の夜行バスで出発し、明日の第二回文学フリマ札幌、

参加致します。

 

 

☆件のポスターは、

間近に迫って参りました第二回文学フリマ札幌で、

えー18 花月(当方ブース)に掲示致します。

 

https://c.bunfree.net/

文学フリマwebカタログ

 

http://eventmesh.net/bunfree-sapporo02

eventmesh-第二回文学フリマ札幌ページ(配置図)

 

http://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=151138

文学フリマ×エブリスタ 立ち読みカタログ 第二回札幌特集号

 

素敵なブース様がたくさんおられます。

当方も楽しみです。

当方ブースでは、10月テキレボ内有志企画300字企画様の

チラシをお配りさせていただくほか、

当サイトのPRフライヤーも配布致します。

どうぞよろしくお願い致します!

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

小説同人誌サークルの、ポスター考(サイズの話)

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

小説同人誌サークルさんも、イベントの際は

ポスターがあった方がいい。と、

わたしは過去記事やサイトでもお話してきたのですが

実際、ポスターはどのくらいのサイズがいいのでしょうか。

 

久々登場、一部で好評(?)のユリお姉にもきいてみましょうか。

 

 

ユリお姉>

ちょっと!!

久々登場なんてもんじゃないでしょ、

アンタどんだけアタシ

放置されてたと思ってるわけ!?

ってまあアタシも原稿で忙しかったんだけど。

で何?

同人イベントのポスターの話?

 

 

 

そうそう。

ユリお姉はポスターどうしてる?

 

 

ポスターはそりゃアンタ、やっぱ欠かせないわよ。

これは漫画だろうと小説サークルだろうと同じね。

まあアタシは一回、ポスター飾るの危うく忘れるとこ

だった時あったけど、でも必ず用意するわよ!

 

ポスターの何がいいってね、

とにかくそのサークルの場所がわかりやすくなんの。

遠くから見ても、「あ、サークルさん見っけ!」って

確信しやすくなんのよ。これ超大事!!

ポスターないとね、

「えっと……えっと……この辺のはずだけど……」

って目細めて探し回る羽目になるじゃない。

ジロジロ見るわけにもいかないしね。

 

 

なるほど!

確かに自分がスペース離れる時も、ポスターあると

戻りやすいもんね。

で、肝心のポスターのサイズはどうしてる?

 

 

それも大きいわよね。

自スぺがすぐわかるのも超重要よ!!

 

ポスターのサイズは、よくググると「大きいほどいい」

って意見が多いじゃない。

それは確かに、PRって意味ではそうなんだけど、

でも、正直自分のいるジャンルによるわよね。

いわゆる旬ジャンルや男性向けだと、がっつり大きい

ポスターがいいとか、

女性向けジャンルで特にそんなにメジャーじゃない

ものとかだと、でかすぎるポスターは逆効果とか。

 

アタシも、あまり周辺で大きいポスターどころか

ポスター自体そんなに見ない島にいることが多いから、

その辺はあんまり大胆にしない方針なのよ。

 

 

ジャンルや周囲の状況によって、ケースバイケース

ってことですね。

具体的には?

 

 

 

アタシはA3ポスターばっかりよ。

そのぐらいだと、机上にあってもそんなに場所とらないし、

邪魔になんないし、でも情報ははっきり見えるでしょ。

印刷費もお安いしね。

A3以下は、会場だとポスターに見えないから、A3程度は

必要なサイズだと思うわ。

 

で、向きは、いつも横向きにしてるわね。

スペースナンバーとサークル名をくっきり大きく見える

ようにして、デザインはその時の新刊表紙から使って、

「無配・ペーパーご自由にどうぞ」みたいな文言を載せてるわ。

 

アンタは今回、A3縦向きポスターにしたんでしょ?

 

 

 

そうそう。

これですね。

 

f:id:novel_doujin:20170624101149j:plain

 

 

実は、今までわたしはポスターって、

過去記事↓でも紹介した通り

印刷所レビュー(グッズ編)・オレンジ工房さん - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

オレンジ工房さんを使っていたんですが、

今回のこれはネットプリントでやってみたんです。

で、次の記事で、ネットプリントでA3ポスターを

つくってみたレポを公開しようかなと。

 

 

あらいいじゃない。

ま、結論としては同人イベントのポスターはあった方がいい

ってことと、サイズは自分のジャンルや周囲の雰囲気を

ふまえて決めて、

でも最低A3はあるとベター、ってことね。

で、

次記事はポスターをネットプリント

つくってみたレポよ!!

よろしくね(*'ω'*)!!

 

 

 

……ということです~。

どうぞよろしくお願い致します。

 

☆件のポスターは、

間近に迫って参りました第二回文学フリマ札幌で、

えー18 花月(当方ブース)に掲示致します。

 

https://c.bunfree.net/

文学フリマwebカタログ

 

http://eventmesh.net/bunfree-sapporo02

eventmesh-第二回文学フリマ札幌ページ(配置図)

 

http://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=151138

文学フリマ×エブリスタ 立ち読みカタログ 第二回札幌特集号

 

素敵なブース様がたくさんおられます。

当方も楽しみです。

当方ブースでは、10月テキレボ内有志企画300字企画様の

チラシをお配りさせていただくほか、

当サイトのPRフライヤーも配布致します。

 

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

 

 

 

 

文章の仕事は小説同人活動に役立つか否か?

 

こんばんは。

猫宮ゆりです。

 

 

以前、このブログの過去記事でもお話しましたが、

当方は仕事でライティング業をおこなっており、

現在は過去記事を公開した頃よりもその比重が増えています。

個人事業主になったのは2008年からですが、業態の移り変わりを

経て、今はこのフリーの売文業が一番大きい収入源になりました。

 

 

さて、そういった仕事としての文章作成は果たして、

同人活動に役立つでしょうか。

今回は、ここを掘り下げてみようと思います。

 

まず思いつくメリットは、

 

・単純に、文章を作成する時間や作業量が多くなるので、

文章作成と推敲校正に慣れる

・必然的に文章作成が速くなるので、それを同人にも

生かせる

・同人で使わないような表現も使えるので楽しい

(逆もそうですが。仕事で使えないような表現も同人ならできる)

・仕事を通して知った知識や調べた事柄を創作に活用できる

・常に何かしらの〆切を抱えた状況になるため、同人の〆切にも

慌てなくなる

 

などでしょうか。

これらは、当方の体感ではありますが、確かな利点であるといえます。

 

ひとつの仕事に対して早く仕上げられないとどうしようもないので、

当然ながら文章作成は速くなります。

そしてもちろん、フリーランスは信用第一ですから納期厳守。

決まった期日までに(むろん、期日より早ければいうことなし)

ものを仕上げる力というのも確実につきます。

 

でも実際に、当方が仕事の文章で楽しいのは上記の中の、

「同人では使わないような表現を仕事で使える」ことです。

当方の二次ジャンルではまず使わない表現というのがたくさんある

のですが、仕事の文章では使える。

これが、気分転換にもなって楽しいですね。

 

そして、

仕事の文章作成をすると一番変わるのは、

 

・どんな題材でもとにかく書けるようになる

 

ということでしょう。

 

 

そのテーマや題材・依頼内容が自分の好きなものや造形の深いもの

ならもちろん、

興味のないことだろうと嫌いなことだろうと、

どんなことに対しても規定の文字数以上書けるようになります。

仕事ですからね(;^ω^)

それに、中身がないと次の受注や単価の上昇に繋がりませんので、

結局はその題材に興味も持つし、下調べや資料集めだって、

楽しんでもいるのです。

 

同人は、「好きだからこそつくる」世界ですから苦手なものを

わざわざつくるスキルなどはいらないですが、

とにかく何でも書けるようになるとスランプもなくなりますから、

どんな時でもコンスタントに書けます。

 

 

そして、仕事の文章作成が同人活動に役立たない面……というか

仇になる側面は当然ながら、

・時間が奪われること

です。

これ一択です。

余裕のある時はいいですが、同人も仕事も重なってくる〆切の時など、

アワアワしますね。

でも、それ以外にデメリットはないかも。

 

 

総合すればやはり、仕事の文章作成が同人に役立つか役立たないかでいうと、

当方の場合は確実に役に立っているのでしょう。

 

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表現の方針は個性。

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

 

先日、「第二回明石家紅白!」というテレビ番組を観ていて、

面白いなと感じたことがありました。

 

 

番組は、さんまさんがゲストたちとトークを展開し、

そしてゲストがそれぞれの持ち歌を披露するという流れだったのですが、

ゆずのお二人と話していて、「夏色」の歌詞の話題になった折、

 

 

さんまさん「俺とか宇崎さん(同席のゲスト竜童氏)の世代は、

ブレーキいっぱい握りしめて~ってとこいらんねん。

自分で鼻歌で歌う時そこ飛ばしてる」

 

という意味のことを言いました。

その理由は、

 

「女の子自転車の後ろに乗せて坂道ゆっくり下ってるんだから、

ブレーキ握ってることは言われなくてもわかる」

 

これには、ゆずのお二人は「えーーー(;´Д`)」「そこいりますよ!」

というような反応でしたが、

わたしは、さんまさんの感じかたもすごくわかるなあ、と

感じました。

 

また、さんまさんは

「いるにしても、『ブレーキいっぱい』とは男はよう言わん、

『ブレーキきつく』とかやな」

というようなことも言い、

「ブレーキきつく握ったら(坂道だから)止まっちゃいますよ!」

とつっこみを受けていたり。

 

でも最終的には、

ゆずのお二人がその場で「夏色」を披露し、さんまさんや

他ゲストの面々もタンバリンを持って盛り上がったのち、

 

さんまさん

「やっぱりブレーキ(のところ)いるな!」

と認めていて。

 

 

すごく面白いなー、と感じました。

これは文章や小説の世界でも永遠のテーマのひとつです。

 

 

無駄な部分を徹底して削り、端的で精緻な描写を目指すか。

 

あえて冗長な箇所や余韻も生かし、味わいと拡がりのある世界を描くか。

 

 

「夏色」がもし自分の小説だったとしたら、

件の「ブレーキいっぱい」のところをどうするか、

それは書き手の個性が大いににじみ出る部分でしょう。

 

ブレーキを握りしめていることは読めばわかるから省く人、

そこは絶対削れない!とブレーキの描写を入れる人、

さまざまだと思います。

これはもう、どこまでいっても「個性」の話。

 

描写を入れない方が簡潔で高尚か、

入れる方が情緒を帯びて美しいか、

入れるにしたらどんな言葉でそれを表すのか。

そこに正答はありません。

ただ、どの選択をするか、それこそがその書き手の「個性」です。

 

たとえば、

文豪と言われる作家の小説などでも、

明らかに「ここはいらなかったんじゃないか」と感じる文節や

過剰に思える句読点が存在するように見える場合がありますよね。

でも、それを推敲してしまうと途端に、

めっちゃくちゃつまらない代物になり下がる。

元が同じ作品とは思えないぐらい、魂が抜けたみたいに

退屈な雑文になってしまう。

 

正確な文章、というものはもちろんありますが、

それ以上にその書き手それぞれの個性や味がものを言うのが

文章表現なのでしょう。

 

今は特に、データ原稿が普及して大規模な推敲も手軽に

できるようになり、

自分の味を削りすぎてしまう書き手さんも多いように感じています。

自分の個性に胸をはって表現することを、もっと愉しんでもいのでは

ないかな、とわたしは思います。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

印刷所レビュー(グッズ編)・プリントパックさん

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビューグッズ編の更新は、今日でひとまず

終了です。

また随時、使用してみた印刷所さんができればご紹介して

参りますね。

 

今回は、プリントパックさん。

こちらも、低価格と短納期を売りとしている印刷通販の会社さんで、

オフセットとオンデマンドの幅広い商品があります。

 

わたしは、今年の年賀状をこちらで印刷しました。

オンデマンドでお願いしたのですが、とにかく驚異的な

早さで届きました。

印刷も問題なく、一部テンプレートを勘違いしてデータを

つくった自分のミスでちょっと図柄にずれが出てしまいましたが、

それは自分の思い違いなので(;^ω^)……

 

プリントパックさんも、はじめに会員登録してマイページから

発注するかたちとなっています。

登録後、すぐ使えるポイントが1000円分もらえますが、

年賀状などの季節商品の場合ポイントを使用することができず、

また発注後もポイントはつかないので、その点は注意です。

 

とはいえかなりお安い価格設定で全国送料込みですし、

印刷メニューも多岐にわたるので、

いろいろな用途で利用することができます。

 

フライヤー・チラシはもちろん、名刺やしおりなどの定番グッズ、

今の時期だと暑中見舞い印刷もやっておられます。

同人誌の表紙だけ印刷もおこなっています。

また、今年からJPEGデータでの入稿にも対応開始されたそうで、

これも、気軽に印刷を考えられるようになる一助といえるでしょう。

 

印刷が身近になる会社さんのひとつですね。

 

 

プリントパック

http://www.printpac.co.jp

 

 

 

猫宮ゆり

 

印刷所レビュー(グッズ編)・プリントライさん

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビューグッズ編、今日は

プリントライさんをご紹介です。

 

こちらは、「フリーソフトで始める印刷通販」と銘打っている

印刷所さんで、

文字通りファイアアルパカやメディバンペイントはもちろん、

多種多様なフリーソフトでのデータで入稿できてしまうところです。

 

基本的には一般印刷がメインですが、同人ものの利用も歓迎して

おられます。

冊子形態のメニューはなく、フライヤー・チラシや名刺、ポストカード、

しおり、ポスターなどで力を発揮する印刷所さんです。

 

わたしはここで、フライヤー・チラシとそして季節ものの

年賀状印刷をお願いしたことがあります。

オフセットも対応しておられますが、わたしはいずれも

オンデマンドで利用しました。

 

フライヤー・チラシでは、B5の片面フルカラーをホワイト110に

刷ってもらいました。

アンソロジーの告知チラシを少し増刷したい場合などに重宝します。

(今見ると、用紙ホワイトは110はなくなって90か135に

なっていますね)

 

お手ごろ価格ですが印刷もきれいで、ここはなんといっても

入稿から到着までが非常に早いのが特徴です。

発送方法は好きなものを選ぶことができますので、不着が心配な

場合や量が多い時は宅急便などを、量が少ない時はゆうパケット

などを選択して依頼できます。

 

また年賀状でもお世話になりましたが、こちらもオンデマンドで

必要な枚数ぴったりを頼めるので便利です。

(もちろん年賀状の場合は、余部はつきません)

こちらもきれいに印刷してもらうことができ、慌ただしい12月でも

迅速に届けていただけました。

 

こちらでは和紙ファイルなどの面白い商品もあり、

またフリーソフトだけでなくPhotoshopIllustratorのデータにも

対応していますし、とにかく対応アプリケーションが多彩です。

RGB入稿でも鮮やかさを生かしたデータに仕上げるのが得意との

ことで、フリーソフト派にも心強いですね。

 

支払い方法も選択肢が多く、コンビニ後払いなどもあります。

 

他社さんの〆切に間に合わないかも…という時や、

お安くつくりたい場合などにも頼りになる印刷所さんです。

 

 

プリントライ

https://www.printry.jp/

 

 

 

猫宮ゆり