ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

折本作成ツール「ottee」使用レポート

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

今日は、折本を手軽につくれるツール「ottee」を使用してみたレポート記事です。

 

折本の原稿をデータ作成するについては、もちろんいろいろな方法があります。

ottee以外のツールもありますが、わたしが今回otteeを選んだのは、

・使い方のレビューがたくさんあってトライしやすそうだった

・画像を楽に配置できそうだった

・ツールの容量が軽い

などの理由によります。

 

otteeは、

Ottee ダウンロード

↑こちらからダウンロードして使うことができます。

WindowsMacいずれでもダウンロード可能です。

使い方マニュアルは、

Otteeの使い方

↑こちらに目を通して、あとは起動しながら覚える感じですね。

 

 

otteeで折本(小説本orイラスト本)を作る - Togetter

【折り本】「Otteeの使い方」漫画/ゆすら [pixiv]

 ↑こちらの解説にとても助けられました!

 

 

実際に折本のデータをつくっていく過程としては、

事前につくりたい折本の台割を考え、小説本文を先に完成させておきます。

使いたい画像なども作成して準備します。

 

今回実際につくった台割は、

A4サイズ/全8ページで、

1 表表紙

2~6 小説本文

7 インフォメーション

8 裏表紙

というものでした。

 

小説本文は1ページにつき26文字×13行、游明朝8ptにしました。

otteeの文字設定では行間4余白4にしています。

ツールはダウンロードして使うため、PC内に自分が入れているフリーフォントなども使用できるのがいいですね。

 

できあがったデータはこのような感じです。

 

f:id:novel_doujin:20180824152317j:plain

 

(実際は、otteeでモノクロ用のデータだけつくって、このカラーのものは最終的にPhotoshopでカラーの画像を足して再編集しました)

 

otteeは、慣れれば面白い凝ったデータもつくれると思うのですが、わたしはまだそこまで到達しておらず……(;^ω^)

でも、ottee内で折本データを保存編集できること、完成したらPDFに書き出しできることだけでも便利ですし、動作も軽くてチャレンジしやすいツールだと感じました。

 

完成したデータは、自家プリントとネットプリント出力両方で刷ってみましたが、まずまずの仕上がり。

問題は、不器用なもので折る作業でした……(´-∀-`;)

初めてつくった試作はヨレヨレでズレズレです。

でも、セブンイレブン出力の方がコピー用紙の品質のためか、折りやすい感じがしました。

☆otteeのサイト内に、折本の折り方の解説も載っています。

 

f:id:novel_doujin:20180824153347j:plain

 

f:id:novel_doujin:20180824153424j:plain

 

ところでこの折本は、2018年8月26日開催の、

ちょこっと文芸福岡 - chocobun ページ! で行われる折本フェアに委託参加させていただくためにつくりました。

このフェアには100冊を超える折本が集まるそうなので、お近くの方様はぜひ。

そして、このイベントに時期を合わせて、多くの作者さんが折本をネットプリントに登録しています。

twitter.com

 

わたしの折本「花の背中」も、8月30日までセブンイレブンネットプリントに登録しています(*'ω'*)

 

 

 

一次創作「南風」のスピンオフ・A4・カラー・1部60円となります。

番号【07076604】※2018年8月30日いっぱいまで

もしよろしければぜひ!

折本、とても楽しかったので、また機会あればやってみたいと思います。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

印刷所レビュー・コミプリさん【追記しました】

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所レビュー、次はコミプリさんです。

 

コミプリさんは同人誌のほか、グッズも幅広くつくる

ことができる人気の印刷所さんですね。

 

うさぎのマスコットキャラクター「ものくん」がいて、

なかなかかわいらしいです。

 

ここは特徴として、少部数~大部数まで対応・オンデマンドと

オフセットどちらも受付・そして各印刷所さんの中でも使える紙が

多めなほう、ということが挙げられます。

 

すぐに送ってもらえる紙見本サンプルを見ると、とっても

豊富な紙種でカラフルでわくわくします。

 

そのサンプルを見て、わたしが実際に使った際は、

 

表紙を新シェルリンプレーンのカラー印刷、本文用紙は

アドニスラフのクリームピンクにしました。

 

そのときはクリームピンクは紙替え無料だったので

そうしたのですが、いま見ると無料はアドニスラフナチュラルの

ほうになっていますね。

 

遊び紙はタントセレクトTS-7のうす桃を使いました。

遊び紙の種類が多いことも、本全体のイメージがふくらむので

わたしはうれしいポイントです。

 

印刷も問題なくきれいで、オンデマンドの本文印刷はほんの

少し濃いめなのかもしれませんが小説本の場合、文字が鮮明に

読みやすくなるともいえるので、わたしは好きな感じでした。

 

また、コミプリさんは個性的な割引が多いことでも知られていて、

マスコットキャラものくんにちなんで、うさぎが登場する作品なら

常時11%引きになる、というもの。

 

うさぎそのものでなくても、うさぎに縁のある人物とか、

バニーガールのようにうさ耳のキャラが登場するなどでもOK!

 

そのほか、作中でキャラがスーツを着ていると5%割引適用のスーツ割も。

これには専用の遊び紙(セビロシリーズ)まであるという熱の

入れようで、二次創作の場合、原作でそのキャラがスーツ姿でなくても、

本の中で着ていれば歓迎とのことで、こういう企画も楽しいですよね。

 

そのほか、作中で水に濡れるシーンがあれば適用の「水割」もあります。

これは8%割引になる「水割」のほか、余部を増やせる「水増」にも

変更可能で、いずれにしても面白いサービスだな、と思います。

 

また大イベント前には早期入稿で20%割引のボス割が出現します。

わたしもこれを使いましたが、スパコミ合わせで4月18日入稿〆切だったので

そうべらぼうに早いほうではありません。

 

コミプリさんはマイページもわかりやすい仕様で、レスポンスも早く、

イベント会場への直接搬入も確実におこなってくれて便利です。

 

ただ、一度つくる同人誌の仕様を決めて予約したあとに、仕様を変えたい

場合はマイページ上での変更ができず、一度それをキャンセルして予約を

やり直さなくてはならないので、そこがちょっと不便かも。

 

またお値段だけでいえば、通常時の価格設定は少しだけ高め。

その分、ボス割などを使えるときは試しやすいと思います。

 

総合的には、守備範囲の広い印刷所さんです。

(記事初出:2016年11月17日)

 

追記

コミプリさん、なんと2018年8月いっぱい入稿分を最後に、同人誌印刷事業から撤退なさるそうです……。

寂しくなりますね……。

個性的な紙や割引を使える印刷所さんでした。

お世話になりました!

(2018年8月10日追記

 

コミプリ

https://comipri.com/

 

 

 

イベント後のアフターに便利なお店【東京ビッグサイト編】

 

こんばんは。猫宮ゆりです。

 

今回は、同人イベントの後、いわゆるアフターを楽しみたい時におすすめのお店をいくつか、実際にわたしが行ったことのあるお店に絞ってレポートします。

東京ビッグサイト編】ということで、ビッグサイト周辺のお店と、あと番外編で新宿・東品川のお店もご紹介してみます。

 

まず、ビッグサイト近辺はお店が豊富にありますが、大イベント後ともなるとどこも毎回混み合うもの……。

早めに撤収すればともかく、イベント後の15時過ぎとかに行こうとすると、どこもいっぱいだったりしますね。

 

タリーズコーヒー|ショップ&レストラン|館内案内・サービス | 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

 

↑ここは席数101席とのことですが、店内も外の席もすぐ混みます。

以前、ここでスパーク後にゆっくりお茶した際は、早く撤収したお友だちに先に入ってもらい、場所を確保してもらって利用できました。

ビッグサイトからすぐで気兼ねなくお茶できるので、撤収してすぐ座りたい! 何か飲んで話したい!! という時にはおすすめです。

 

日比谷マツモトロー|ショップ&レストラン|館内案内・サービス | 東京ビッグサイト(東京国際展示場)

 

↑ここは、当方が初めてスパコミにサークル参加した際、売り子さんとごはんを食べに行ったところです。

待たずにすぐ入れましたが、閉店が早いのでゆっくりお話するにはちょっと向かないかも。とにかくすぐにしっかり食事したい! という時には最適。

 

カフェ・ベローチェ 有明店 店舗詳細|店舗検索|株式会社シャノアール

 

↑こちらは、「コミケになると全国から店長クラスが集結する」とよく噂になる、伝説のベローチェですね(;^ω^)

ここはイベント後はまず超満員になるのですが、以前、スパコミのあと友人とこのビル近くの外のベンチでしばらく喋っていて、気づいたら17時半ぐらいになってだいぶベローチェがすいていたので、「じゃあ今から行くか!」と入りました。

ビッグサイト周辺のどこかで食事やお茶をして、二軒めに寄るなどすれば、大イベント後でも入りやすいかと思われます。

 

ドトールコーヒーショップ 国際展示場駅店 | 株式会社ドトールコーヒー

 

↑こちらは、国際展示場駅ドトールです。

ここへ行ったのは、スパークの後に友人と、とにかく座って喋りたい! でもビッグサイト近辺のお店はどこも満員だし……という時に「じゃあ駅まで行けば、ほとんどの人は別のところへ移動するんじゃね?」との仮説を立てて行ってみたら案の定、空席がけっこうあってゆとりを持って座れました!

すぐに休めて話せるので、ビッグサイトから近い穴場としておすすめです。

 

 

そして、今年のスパコミ後は友人たちと前もってアフターの約束をしていて、「新宿に行こう!」という話をしていました。

それで行った二店を紹介します。

 

(る)ハレノヒ ルミネエスト新宿店(新宿/洋食屋) - ぐるなび

 

↑新宿では、本命のお店を友人に予約してもらっていたのですが、ビッグサイトから新宿へ移動して少し時間があったのでここへ寄りました。

混んではいましたが回転が速く、すぐに座れてひと呼吸できたので良かったです!

イベント後のコーヒーフロート、おいしかったです……。

 

cafe WALL|カフェ ウォール

 

↑そして!

予約していったのがこちら。

メニューがたくさんあって、半個室が予約できる! というので、友人たちと話してここにしよう! と、かなり早くから押さえておいたお店でした。

ルミネエストから歩いていきましたが、わたし一人だったらまずたどり着いていないでしょう……(お友だちが案内してくれました)。

半個室は本当にいい感じの空間で、お手洗いも近いし、お料理もおいしく、飲みものはかわいらしく、女子に最適ですね(*'ω'*)

完全な個室ではないものの、かなり個室感が強くて外が全く気にならなかったです。

このお店は、新宿周辺に系列店もいくつかあり、半個室を備えたところも多いので、ぜひ。

 

 

それから、東品川で大好きになったお店も紹介します。

ここは、今年のスパコミの前日に、友人と話そうと言っていて

わたしの宿泊がいつもここ↓

イベント遠征時に使いやすいホテル【東京ビッグサイト編】 - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

に出てくる有明BAYホテルなので、友人がそこに近いところで会おうと、天王洲アイル近辺のお店を紹介してくれまして。

 

それが、東品川の

breadworks 

Lily cakes

 

↑こちらです。

一軒のお店の中に、この二軒が一緒に入っていて、両方のメニューをオーダーすることができます。

席がけっこうあって、ゆっくり座れるしお水はセルフサービスで自由という気楽さ。

おみやげにできる個包装のお菓子やコーヒー豆も販売されているので、食後のお買いものも楽しめます。

しっかり食事もできるし、ケーキ系などもいろいろあって、本当に居心地のよい空間でした…レシートを見直してみたら、17時半から閉店までいたようで長居してごめんなさい……!

(おしゃれだし食事もデザートもおいしかったです、ケーキとセットにできるコーヒーがお安いのにおいしくて、コーヒーのミルクはセルフで牛乳を入れられるようになっている仕様も良かったです)

友だちとでも一人でも入りやすいところなので、近くに住んでいたらしょっちゅう行きたいお店だなあと思いました。

 

イベント後のアフターが楽しいと、「またサークル参加するぞ!」というやる気とパワーももりもり湧いてきますよね。

イベント前も後も、有意義な時間をお過ごしくださいね!

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

第三回文学フリマ札幌イベントレポート

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

2018年7月8日に行われた第三回文学フリマ札幌、

当日スタッフで参加致しました。

どなたさまもお疲れさまでした&お世話になりました!

 

昨年は、出店参加させていただきましたが↓

novel-doujin.hatenadiary.com

 

今年は出店はしないものの、何かお手伝いできたら……ということで微力ながら行って参りました。

前日打ち合わせを経て当日を迎え、朝8時50分開始の設営から撤収まで参加致しました。

一日を通して、文フリ特有の熱気が感じられる盛況で一般参加のかたも多く、当日無料配布されたエブリスタバッグも完配となり、賑わいに満ちた開催だったのではないかと思います。

当日は晴天で会場内はさらに暑かったので、体調管理重要でしたね……!

 

それから、朝、並んでお待ちくださっていた出店入場のかたが一番混雑した際に、受付で当方がお渡ししていた出店許可証を入れるホルダーの紐が、一部絡まってしまいお待たせしてしまった出店者さまへはほんとうに申し訳なく……!

自分が出店で参加する時、1分1秒でも早くブースの設営を開始したい気持ちですから、朝の時間に不便をおかけしたことはただただお詫びの気持ちでいっぱいです。すみませんでした。

 

そのほか、文フリの新開催地を予想する企画ボード(候補の中から選んでシールを貼っていただく)も好評のようでしたね。

 

また、休憩時間には会場をお買いもので回ることもでき、大好きなブースさんを訪問させていただくことも叶いました。

無料配布を発行なさっておられたブースさんからも無配をたくさんいただき、楽しませていただきました。ありがとうございます!

 

あとは……ブースへポスターを掲示しているブースさんは少なかったですが、現在位置をわかりやすくするためにも、ポスターを出していただけるとさらにいいかなあ、と思ったり……文フリ札幌は全てのブースを回る来場者さんが多いため、現在位置がわからなくてもさほど問題はないのかもしれませんが。

わたしは急いでお目当てのブースさんへ向かいたい時に「ここはどこだ!?」となるので(わたしだけ?)簡単なものでもいいから、ブースナンバーを入れたポスターがあると嬉しいですね。

自分が出店参加の際は、ポスターは毎回掲示しているのですが手軽にできる方法もあるので↓

novel-doujin.hatenadiary.com

 

novel-doujin.hatenadiary.com

 

おためしいただけましたら嬉しく思います。

自スペースにポスターがあると、自分が離席した際も帰りやすくなるので便利ですし……!←これが本当に便利です……(特に都内のイベントなど規模が大きい時は……)。

 

そんなこんなの文フリ札幌、ありがとうございました。

来年の第四回は、また出店で参加するか当日お手伝いをするか考え中ですが、何らかのかたちで行きたいと思っています。

文学フリマはさまざまな年代・作風の人が一堂に会し、自らの作品を発表できるという意味で非常に稀有な場です。

二次創作系のイベントとはまた違って、閉ざされた即売会という雰囲気もなく一般入場無料で一般の人も入りやすく、それでいて創作活動への熱意や愛情に触れることのできる環境です。

全国各地で行われていますので、どなたさまもぜひお近くの文フリ会場へ足を運んでみてくださいませね。

 

文学フリマ | 小説・評論・詩歌 etc.の同人/商業作品展示即売イベント

 

文フリではスタッフも募集されています。

スタッフ募集 | 文学フリマ

 

 

 

 

 

 猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

印刷所さんレビュー(グッズ編)Emayu*さん

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビュー、グッズ編の更新です。

今回は、同人グッズ……というかちょっとした私用で、

Emayu*さんにお世話になりました。

 

Emayu*さんは、「駄菓子屋さんみたいに気軽に楽しめる

グッズショップ」というコンセプトの、1個からグッズを

つくることができるグッズ系印刷所さんです。

ホームページも非常にかわいらしく、印刷用データに

まつわる難しいことがわからなくても利用しやすいショップ、

というお店なので、すごく親しみが持てますね。

 

わたしは今回は、57mmミラーをお願いしました。

これも1個からつくれてしまいます……!しかもお安い……。

 

注文も難しくなく、入稿データができたら専用のメールフォームから

申し込む+データ添付かファイル転送サービスのURLを申告するだけ。

メールのお返事も、かなり早くいただくことができました。

そして、入金の次の日にはもう発送連絡が……!

完成品は丁寧に梱包・固定されて届き、印刷もすごくきれいで

感動しました。

 

Emayu*さんは本当に初心者さんに優しく、データづくりにもややこしい

ことはなく、専用テンプレートもありますがそれもとても簡単なもので、

解像度も72dpiとかで「本当にこれできれいに印刷されるのかな……?」と

思ってしまうほどですが、小さな品だから全く問題ないのですね。

これはほんとうに印刷やグッズづくりが身近になりますね……!

でも、Emayu*さんでは対応はしっかりしていて、入稿と申し込みの際には

データに使用している画像や素材が自作のものなのかどうかや、フリー素材を

使用している場合はそのURLを申告する欄もあります。

 

また、Emayu*さんにお世話になるならLINEでお友だちになっておくとお得です!

LINE限定のクーポンコードでお安くなるアイテムがあったりするので、

チェックしてみてくださいね。

缶バッジやマグネット、ミラーをつくるならとてもおすすめの印刷所さんです。

それと、OPP袋を別売りで購入できたりするのも便利です。

 

 

Emayu*

 

http://emayu.web.fc2.com/

 

 

☆余談ですが、猫宮ゆりの一次創作用Twitterアカウントを

始動しました。↓

今後は、一次創作関係のことはこちらでツイートして

参ります。どうぞよろしくお願い致します。

猫宮ゆり (@yuri_neko_0) | Twitter

 

 

BOOTHのあんしんBOOTHパック発送レポート

 

こんにちは、猫宮ゆりです。

今日は、pixivBOOTHのあんしんBOOTHパック発送を

体験してみたレポート記事です。

 

当方の同人誌の自家通販はもともと、

ピコ通販サイトと自家通販(自分の直通フォームでご希望を

お伺いして発送)をメインにしてきました。

BOOTHも使ってはいましたが、通常の自宅から発送で、

あんしんBOOTHパックは使用していなかったのです。

 

ちなみに、あんしんBOOTHパックとは発送元も購入者も

双方が住所などの個人情報をやりとりせずに商品の受け渡しが

できるサービスです。

他のフリマアプリなどの台頭も後押しし、この手のあんしんパックは

急激に普及した感がありますね。

 

そして先日、BOOTHでの通販を全てあんしんBOOTHパックに

切り替えました。

他の通販では今まで通りの発送体制とし、

お求めくださるかたに選んでいただけるようにしています。

それから少しして、あんしんBOOTHパックでの通販ご利用がありました。

 

 

とはいうものの、実はあんしんBOOTHパックに切り替えることには

心配もあったのです……

当方は田舎住まいなので、近くのヤマト運輸さんでも匿名配送が

ちゃんとできるかな? と不安でした。

あんしんBOOTHパックはヤマト運輸のセンターか、ファミリーマートなどの

コンビニでもできることになっていますが、当方の住む地域には

ファミリーマートもサンクスもサークルKもないので、ヤマト運輸

持ちこむしかありません。

しかし最寄りのセンターは田舎ゆえ職員の皆さんと顔見知りで、なんとなく

「あんしんBOOTHパック」なるものを持ちこむのは抵抗もあり……。

 

そこで、用があればしょっちゅう行く、お隣市のセンターで発送する

ことにしました。

BOOTHで手続きをし、梱包してセンターへ。

匿名配送の流れ自体は、BOOTHのページで詳しい案内があるので

そこは問題ないのですが……

 

センターへ行く前にはずいぶん検索しました。

そもそも、田舎のヤマトセンターで、匿名配送に必要な端末「ネコピット」は

あるのか? 匿名配送の発送だということをすぐわかってもらえるだろうか?

などを知りたかったのです。

検索すると同じく地方在住で不安を感じている人や、大丈夫だったよ!

という人の声、実際に匿名配送を写真つきでレポしてくれている人の声などを

たくさん見ることができ、心強かったです。

 

しかし、どうやらネコピットは、センターによって自由に操作できる

ところとそうでないところがある模様。

ここはどうかなー、と思いながら行ってみると、

 

わたくし「匿名配送で、ネコピットを使いたいのですけど」

 

店員さん「はい」←ネコピットを握りしめて待機してらっしゃる

 

そう、ここは自分で操作はできないセンターでした(;^ω^)

さらに、

 

店員さん「メルカリですか?ラクマですか?」

 

わたくし「あっ、BOOTH……というものなのですが……」

 

という会話もあり、なんだか気恥ずかしいですね……(;^ω^)

 

でも、店員さんがネコピットを持っていてくれたことで、ネットで

見ると読み取りにちょっと難儀することが多いらしい二次元コード

読み取りも簡単で、「にゃん」というOKサインもすぐに聴けました。

 

その後は滞りなく終了。

最初ちょっと不安で、少し恥ずかしかったですが、支払いも

必要ないですし手軽ですね。

今度は最寄りのセンターへも行ってみようかなと思います。

 

BOOTH以外のフリマアプリの匿名配送では、セブンイレブンでの

受付ができるものもあるそうなので、BOOTHでもそれが可能に

なったら田舎でももっと使いやすくなるなあ、とも思いつつ。

 

まずは、初めてBOOTHのあんしんBOOTHパックを使ってみた

レポートでした!

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌|

 

 

 

 

印刷所さんレビュー(グッズ編)・プリントネットさん

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

今日は印刷所さんレビューを久々更新です。

今回お世話になったのはプリントネットさん。

 

いわゆる印刷通販の会社さんですが、同人誌の

印刷に関しても力を入れておられますね。

初回の会員登録をすると、1000円分のポイントを

もらうことができ、そのポイントはすぐに使用できます。

 

わたしは今回、プリントネットさんでオンデマンドの

ポストカード印刷をお願いしました。

プリントネットさんはこういった印刷通販の会社さんの

中では、ポストカードに使える紙種が多い方です。

用紙説明も手軽に見ることができて便利ですね。

 

わたしはMr.Bスーパーホワイト180kgで刷っていただきました。

早速ポイントも使わせていただけてかなりお得…と思いきや、

北海道と沖縄は送料無料対象外地域となり、500円別途必要でした。

それでもお安いですけれども!

 

支払い方法も豊富にあっていいですね。

入稿後のメールはかなりこまめに来ますが、入金確認のメールは

なく、サイトのマイページで「入金済み」と表示が変わります。

 

前倒し発送可にして申し込むと、発送予定日の前日に

ゆうパックで送ってくださいました。

 

印刷は問題なくきれいで、ポストカードの余部は1枚でした。

 

プリントネットさんは同人誌印刷や名刺印刷もとても有名なので、

またお世話になってみたいと思います。

 

 

プリントネット

https://odahara.jp/