ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

第三回文学フリマ札幌イベントレポート

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

2018年7月8日に行われた第三回文学フリマ札幌、

当日スタッフで参加致しました。

どなたさまもお疲れさまでした&お世話になりました!

 

昨年は、出店参加させていただきましたが↓

novel-doujin.hatenadiary.com

 

今年は出店はしないものの、何かお手伝いできたら……ということで微力ながら行って参りました。

前日打ち合わせを経て当日を迎え、朝8時50分開始の設営から撤収まで参加致しました。

一日を通して、文フリ特有の熱気が感じられる盛況で一般参加のかたも多く、当日無料配布されたエブリスタバッグも完配となり、賑わいに満ちた開催だったのではないかと思います。

当日は晴天で会場内はさらに暑かったので、体調管理重要でしたね……!

 

それから、朝、並んでお待ちくださっていた出店入場のかたが一番混雑した際に、受付で当方がお渡ししていた出店許可証を入れるホルダーの紐が、一部絡まってしまいお待たせしてしまった出店者さまへはほんとうに申し訳なく……!

自分が出店で参加する時、1分1秒でも早くブースの設営を開始したい気持ちですから、朝の時間に不便をおかけしたことはただただお詫びの気持ちでいっぱいです。すみませんでした。

 

そのほか、文フリの新開催地を予想する企画ボード(候補の中から選んでシールを貼っていただく)も好評のようでしたね。

 

また、休憩時間には会場をお買いもので回ることもでき、大好きなブースさんを訪問させていただくことも叶いました。

無料配布を発行なさっておられたブースさんからも無配をたくさんいただき、楽しませていただきました。ありがとうございます!

 

あとは……ブースへポスターを掲示しているブースさんは少なかったですが、現在位置をわかりやすくするためにも、ポスターを出していただけるとさらにいいかなあ、と思ったり……文フリ札幌は全てのブースを回る来場者さんが多いため、現在位置がわからなくてもさほど問題はないのかもしれませんが。

わたしは急いでお目当てのブースさんへ向かいたい時に「ここはどこだ!?」となるので(わたしだけ?)簡単なものでもいいから、ブースナンバーを入れたポスターがあると嬉しいですね。

自分が出店参加の際は、ポスターは毎回掲示しているのですが手軽にできる方法もあるので↓

novel-doujin.hatenadiary.com

 

novel-doujin.hatenadiary.com

 

おためしいただけましたら嬉しく思います。

自スペースにポスターがあると、自分が離席した際も帰りやすくなるので便利ですし……!←これが本当に便利です……(特に都内のイベントなど規模が大きい時は……)。

 

そんなこんなの文フリ札幌、ありがとうございました。

来年の第四回は、また出店で参加するか当日お手伝いをするか考え中ですが、何らかのかたちで行きたいと思っています。

文学フリマはさまざまな年代・作風の人が一堂に会し、自らの作品を発表できるという意味で非常に稀有な場です。

二次創作系のイベントとはまた違って、閉ざされた即売会という雰囲気もなく一般入場無料で一般の人も入りやすく、それでいて創作活動への熱意や愛情に触れることのできる環境です。

全国各地で行われていますので、どなたさまもぜひお近くの文フリ会場へ足を運んでみてくださいませね。

 

文学フリマ | 小説・評論・詩歌 etc.の同人/商業作品展示即売イベント

 

文フリではスタッフも募集されています。

スタッフ募集 | 文学フリマ

 

 

 

 

 

 猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

印刷所さんレビュー(グッズ編)Emayu*さん

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんレビュー、グッズ編の更新です。

今回は、同人グッズ……というかちょっとした私用で、

Emayu*さんにお世話になりました。

 

Emayu*さんは、「駄菓子屋さんみたいに気軽に楽しめる

グッズショップ」というコンセプトの、1個からグッズを

つくることができるグッズ系印刷所さんです。

ホームページも非常にかわいらしく、印刷用データに

まつわる難しいことがわからなくても利用しやすいショップ、

というお店なので、すごく親しみが持てますね。

 

わたしは今回は、57mmミラーをお願いしました。

これも1個からつくれてしまいます……!しかもお安い……。

 

注文も難しくなく、入稿データができたら専用のメールフォームから

申し込む+データ添付かファイル転送サービスのURLを申告するだけ。

メールのお返事も、かなり早くいただくことができました。

そして、入金の次の日にはもう発送連絡が……!

完成品は丁寧に梱包・固定されて届き、印刷もすごくきれいで

感動しました。

 

Emayu*さんは本当に初心者さんに優しく、データづくりにもややこしい

ことはなく、専用テンプレートもありますがそれもとても簡単なもので、

解像度も72dpiとかで「本当にこれできれいに印刷されるのかな……?」と

思ってしまうほどですが、小さな品だから全く問題ないのですね。

これはほんとうに印刷やグッズづくりが身近になりますね……!

でも、Emayu*さんでは対応はしっかりしていて、入稿と申し込みの際には

データに使用している画像や素材が自作のものなのかどうかや、フリー素材を

使用している場合はそのURLを申告する欄もあります。

 

また、Emayu*さんにお世話になるならLINEでお友だちになっておくとお得です!

LINE限定のクーポンコードでお安くなるアイテムがあったりするので、

チェックしてみてくださいね。

缶バッジやマグネット、ミラーをつくるならとてもおすすめの印刷所さんです。

それと、OPP袋を別売りで購入できたりするのも便利です。

 

 

Emayu*

 

http://emayu.web.fc2.com/

 

 

☆余談ですが、猫宮ゆりの一次創作用Twitterアカウントを

始動しました。↓

今後は、一次創作関係のことはこちらでツイートして

参ります。どうぞよろしくお願い致します。

猫宮ゆり (@yuri_neko_0) | Twitter

 

 

BOOTHのあんしんBOOTHパック発送レポート

 

こんにちは、猫宮ゆりです。

今日は、pixivBOOTHのあんしんBOOTHパック発送を

体験してみたレポート記事です。

 

当方の同人誌の自家通販はもともと、

ピコ通販サイトと自家通販(自分の直通フォームでご希望を

お伺いして発送)をメインにしてきました。

BOOTHも使ってはいましたが、通常の自宅から発送で、

あんしんBOOTHパックは使用していなかったのです。

 

ちなみに、あんしんBOOTHパックとは発送元も購入者も

双方が住所などの個人情報をやりとりせずに商品の受け渡しが

できるサービスです。

他のフリマアプリなどの台頭も後押しし、この手のあんしんパックは

急激に普及した感がありますね。

 

そして先日、BOOTHでの通販を全てあんしんBOOTHパックに

切り替えました。

他の通販では今まで通りの発送体制とし、

お求めくださるかたに選んでいただけるようにしています。

それから少しして、あんしんBOOTHパックでの通販ご利用がありました。

 

 

とはいうものの、実はあんしんBOOTHパックに切り替えることには

心配もあったのです……

当方は田舎住まいなので、近くのヤマト運輸さんでも匿名配送が

ちゃんとできるかな? と不安でした。

あんしんBOOTHパックはヤマト運輸のセンターか、ファミリーマートなどの

コンビニでもできることになっていますが、当方の住む地域には

ファミリーマートもサンクスもサークルKもないので、ヤマト運輸

持ちこむしかありません。

しかし最寄りのセンターは田舎ゆえ職員の皆さんと顔見知りで、なんとなく

「あんしんBOOTHパック」なるものを持ちこむのは抵抗もあり……。

 

そこで、用があればしょっちゅう行く、お隣市のセンターで発送する

ことにしました。

BOOTHで手続きをし、梱包してセンターへ。

匿名配送の流れ自体は、BOOTHのページで詳しい案内があるので

そこは問題ないのですが……

 

センターへ行く前にはずいぶん検索しました。

そもそも、田舎のヤマトセンターで、匿名配送に必要な端末「ネコピット」は

あるのか? 匿名配送の発送だということをすぐわかってもらえるだろうか?

などを知りたかったのです。

検索すると同じく地方在住で不安を感じている人や、大丈夫だったよ!

という人の声、実際に匿名配送を写真つきでレポしてくれている人の声などを

たくさん見ることができ、心強かったです。

 

しかし、どうやらネコピットは、センターによって自由に操作できる

ところとそうでないところがある模様。

ここはどうかなー、と思いながら行ってみると、

 

わたくし「匿名配送で、ネコピットを使いたいのですけど」

 

店員さん「はい」←ネコピットを握りしめて待機してらっしゃる

 

そう、ここは自分で操作はできないセンターでした(;^ω^)

さらに、

 

店員さん「メルカリですか?ラクマですか?」

 

わたくし「あっ、BOOTH……というものなのですが……」

 

という会話もあり、なんだか気恥ずかしいですね……(;^ω^)

 

でも、店員さんがネコピットを持っていてくれたことで、ネットで

見ると読み取りにちょっと難儀することが多いらしい二次元コード

読み取りも簡単で、「にゃん」というOKサインもすぐに聴けました。

 

その後は滞りなく終了。

最初ちょっと不安で、少し恥ずかしかったですが、支払いも

必要ないですし手軽ですね。

今度は最寄りのセンターへも行ってみようかなと思います。

 

BOOTH以外のフリマアプリの匿名配送では、セブンイレブンでの

受付ができるものもあるそうなので、BOOTHでもそれが可能に

なったら田舎でももっと使いやすくなるなあ、とも思いつつ。

 

まずは、初めてBOOTHのあんしんBOOTHパックを使ってみた

レポートでした!

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌|

 

 

 

 

印刷所さんレビュー(グッズ編)・プリントネットさん

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

今日は印刷所さんレビューを久々更新です。

今回お世話になったのはプリントネットさん。

 

いわゆる印刷通販の会社さんですが、同人誌の

印刷に関しても力を入れておられますね。

初回の会員登録をすると、1000円分のポイントを

もらうことができ、そのポイントはすぐに使用できます。

 

わたしは今回、プリントネットさんでオンデマンドの

ポストカード印刷をお願いしました。

プリントネットさんはこういった印刷通販の会社さんの

中では、ポストカードに使える紙種が多い方です。

用紙説明も手軽に見ることができて便利ですね。

 

わたしはMr.Bスーパーホワイト180kgで刷っていただきました。

早速ポイントも使わせていただけてかなりお得…と思いきや、

北海道と沖縄は送料無料対象外地域となり、500円別途必要でした。

それでもお安いですけれども!

 

支払い方法も豊富にあっていいですね。

入稿後のメールはかなりこまめに来ますが、入金確認のメールは

なく、サイトのマイページで「入金済み」と表示が変わります。

 

前倒し発送可にして申し込むと、発送予定日の前日に

ゆうパックで送ってくださいました。

 

印刷は問題なくきれいで、ポストカードの余部は1枚でした。

 

プリントネットさんは同人誌印刷や名刺印刷もとても有名なので、

またお世話になってみたいと思います。

 

 

プリントネット

https://odahara.jp/

 

 

 

印刷所レビュー・緑陽社さん【追記しました】

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

印刷所さんを紹介していくシリーズですが、とりあえず、

今回で一段落です。

また新しい印刷所さんを試したら、このカテゴリーで更新

してゆきますね。

 

今回は、老舗で大手の緑陽社さんです。

 

緑陽社さんは、ちょっとここの趣旨としては番外編に近い

感じでのご紹介なのですが、

わたしがアンソロジーを主催した際にお世話になった印刷所さん

です。

 

自分のいちばん大好きな作品の、大好きなCPの、一世一代の覚悟で

臨んだアンソロジーだったので、心から納得できる印刷所さんに

刷っていただきたいと考えました。

 

いろいろ調べると、

「アンソロはやっぱり緑陽社さん」

「どんな原稿も万全に、と考えたら緑陽社さん」

というかたが多く、自分も緑陽社さんで決定することにしました。

 

というのも、まず譲れない条件として、

 

・印刷がきれいなこと

・小説も漫画もイラストも、どれも見やすく印刷してほしいこと

・アナログとデータの混在入稿が可能なこと

・万一、不備があったら教えてほしいこと

 

を挙げていたので、これらを叶えていただける印刷所さんとしても、

やはり緑陽社さんが安心、と感じたからでした。

 

とにかく万全に刷りたくて、アンソロ発行の約1年前から、緑陽社さんへ

ご相談をはじめました。

詳しい仕様やアナログ原稿のことなど、あるスタッフさんが担当をして

くださって、綿密に打ち合わせをさせていただきました。

 

このおかげで、カラー口絵も、見開きのイラスト原稿も、ほんとうに

素晴らしく美しく刷っていただくことができ、

細部まですばらしい完成度でした。

 

アンソロは2回主催し、そのいずれも緑陽社さんだったのですが、

どちらもその同じスタッフさんが相談にのってくださり、

他のスタッフさんも皆さんほんとうに温かく細やかで、

かゆいところに手が届くどころか、かゆくなる前から撫でて

もらえるような(?)そんな優しい、極上の接遇をしていただけました。

 

どんな小さなことでも答えてくださり、

最終的に本が完成した時にも、我がことのように喜んでくださったり

深い労りの言葉を寄せていただけたり……

 

その後、イベントへ直参した折には、そのお世話になった担当のかたが

スペースまで来てくださって、ごあいさつが叶ったこともありました。

 

ほんとうに、親切で上質なサービスをおこなってくれる印刷所さんです。

 

なかなか、個人誌ではお願いできないのですが、またアンソロを主催する

ことがあれば必ず使わせていただきたいと思っています。

 

小説本向きのセットもあったり、本文800ページまで可能だったり、

毎年エイプリルフールにはものすごく力の入った明るい嘘企画をうち

出してくれたり、

話題には事欠かない印刷所さんでもあります。

季節ごとに、そのシーズンの特殊紙の紙見本サンプルも発行している

ので、サンプルだけでも手にとってみると楽しいものです。

(記事初出:2016年11月17日)

 

【追記】

緑陽社さん、先日の2018年5月スパコミで久々にお世話になりました。

今回は折とじ本セットでの利用でしたが、相変わらず本当に丁寧に

対応してくださいました。

データのちょっとした部分の確認でもお電話をくださり、イベント

直接搬入でお願いしていたので当日はスペースにもまた挨拶に

お越しくださって、

本もとてもきれいに印刷製本していただきました。

緑陽社さんの折とじ本セット、コミックルンバピンクも選択できるので

それにしまして、春らしいかわいい感じの本にできました(*'ω'*)

(2018年5月24日追記)

 

 

 

緑陽社

http://www.ryokuyou.co.jp/doujin/

 

 

 

 

印刷所レビュー・ワンブックスさん(RED TRAINさん)【再追記しました】

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

 

印刷所レビュー、今回はワンブックスさん。

 

ワンブックスさんは、株式会社RED TRAINさんの中の

サービスで、

「1冊でも100冊でも単価が同じ」

「1冊から本がつくれる」

という趣旨で脚光を浴びていますね。

 

利用方法は、ワンブックスさんのサイト内予約フォームから

まず予約を入れます。

非常に人気が沸騰していて、予約日は1か月前から

確保できるのですがあっという間に埋まってしまうので、

希望の日を押さえられない場合も多いです。

イベント合わせで使いたい時などは、よほど気合いを入れて

予約を勝ちとらないと難しいでしょう。

また、生産も追いつかないほどの状態が続いているため、

納品までの期間も規定よりかかると思っておくと無難です。

(自宅納品の場合、入稿から発送までを平均すると所要日数は14日ほど)

 

予約時は仕様などは暫定でOK。

だいたいのページ数と希望の用紙を選択して、

申し込みます。

 

予約日に入稿し、変更点などがあればその時に申し出ます。

 

ワンブックスさんは以前は、印刷の質がちょっと……という

声もあったようですが、2015年に印刷機を入れ替えたそうで、

現在の品質はかなり高いと感じました。

もちろんオンデマンドですが、カラーもモノクロも問題なく、

また本文用紙はたくさんの種類から選ぶことができるので、

個々の原稿データに合った紙を模索すると良いでしょう。

 

オリジナルの本文用紙もいろいろあり、

わたしがよく使う文庫サイズ専用のワンブックスノベル66kgは

なめらかでめくりやすい手触りで非常に軽い紙です。

 

ほんとうに1冊からつくれて、しかも他の1冊からOKの印刷所さんより

単価がむっちゃくちゃお安いので、

自分用やプレゼント用に1冊だけつくりたい、

友人との記念に2冊だけ、

などという場合にはぴったりだと思います。

(しかも文庫なら基本料金内で表紙・カバー・帯がセットです……!

カバーや帯の用紙も選べるし、オプションで遊び紙をつけたり

見返し仕様もできます。

あと、カラーもモノクロも料金が同じです!)

 

逆にある程度の部数を刷るなら他社の方がお得になってくるので、

部数や用紙、装丁を考慮して使い分けると楽しいですね。

(なお、非常にお安いため、細かい原稿チェックなどは一切ないです。

よほど大幅なサイズ間違いなど、致命的な支障がない限り

そのまま工程が進められるので、原稿作成とチェックは自己責任で

念入りにしましょう)

 

それと注意点としては、帯やカバーのサイズもワンブックスさんで

指定されているけれどテンプレートなどはないので、自分で計算するか

サイズが同一の他社テンプレートを用意する必要があります。

(ワンブックスさんは他社テンプレート使用OKです)

わたしは、カバーはSTARBOOKSさん、帯はアクシス出版さんの

テンプレートをお借りしています)。

 

ワンブックスさん、賢く使うとほんとうに本づくりが面白くなります。

(記事初出:2017年4月28日)

 

【追記1】

この記事をアップしたあと、2017年は本当にワンブックスさんに

お世話になった年でした。

仕事関係の印刷物で13回ほどお世話になりました。

 

また、2017年10月スパークでは、別名義二次創作での個人誌新刊を

ワンブックスさんでお願いしまして、

文庫でカバーをユーライト、表紙をアートポスト、帯をトラネクストに

していずれもフルカラー、

本文用紙は淡クリームせんだい、

そして、カバーと帯の上にはワンブックスさんのお家芸ともいえる、

クリアPP張りトレぺを表巻きでかけていただきました。

クリアPPトレぺ、ワンブックスさんのサイトで見本が公開されているので、

まだの方様はぜひ一度お目通しください。

 

また、このスパーク新刊は会場直搬でお願いしましたが、

搬入準備ができた際にメールもいただけて、当日はスペースに

Twitterでもおなじみの前田さまが挨拶に来てくださいました。

名刺をいただいていろいろとお話でき、嬉しかったです。

(スパーク納品の予約をとる時は、予約開始と同時にサイトに

かじりついて光の速さでとりました……!)

ワンブックスさん、2018年もいろいろとお世話になる予定です。

(2017年12月19日追記)

 

【追記2】

そしてさらに、2018年5月スパコミでも、別名義二次創作の方の

新刊でまたワンブックスさんにお世話になりました。

今回はカバーと表紙の仕様は↑前回同様で、

帯はつけず、本文用紙はソリストN、カラー口絵を入れたので

その分を紙替えでトラネクストにしていただきました。

今回も会場直搬でお願いしましたが、スペースへまた前田さまが

挨拶に来てくださり、紙のことなどお話できて楽しかったです。

 

ワンブックスさん、またお世話になりたいと思います。

(2018年5月22日再追記)

 

 

 

 

ワンブックス

http://www.red-train.co.jp/onebooks

 

猫宮ゆり

 

 

 

 

イベント遠征時に使いやすい宿泊施設【札幌編】

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

先日は、

イベント遠征時に使いやすいホテル【東京ビッグサイト編】 - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

こちらを更新しましたが、今日は札幌編を。

 

当方も、昨年は札幌の文学フリマへ参加する機会もあり、そこで意外と、

北海道内以外の参加者さんがおられることがわかりました。

しかし、近年、札幌は非常にホテルが取りにくい状況が続いていて……、

遠征でいらっしゃるかたは大変なのでは、とも感じました。

(余談ですが、ほんの数年前までは、札幌で朝食つき大浴場つきのホテルに

3000円しないで泊まれた……のですよ。今はお高くなったし、空室自体が

とても少ないです)

 

そこで、ここ数年わたしが札幌へ行く際、ほぼ必ず泊まっている宿泊施設を

ご紹介したいと思います。

 

北海道札幌市狸小路にある「こみちの湯 ほのか」女性専用

 

こちらです。

いわゆるスーパー銭湯に近い、お風呂と岩盤浴を利用できて泊まることも

食事もできるタイプの施設で、系列店も札幌近郊にいくつかあります。

狸小路のここは女性専用で、お安くてとにかく過ごしやすい……です……!

 

札幌文学フリマの会場であるさっぽろテレビ塔からも歩いて来られますし、

また北海道コミティアが行われるホテルさっぽろ芸文館、

エリシアンが行われるアスティホールのいずれからもさほど遠くありません。

 

寝るスペースは先着順の上、簡易的な二段ベッド的なものなので

知らない人と一緒の空間で眠れない人は苦痛かもしれませんが、

気にならない人、広いお風呂と岩盤浴が大好きな人には最高におすすめです。

(すごく混んでいる日は寝るスペースが全部埋まってしまい、マットを

受付でもらって館内のあいているスペースでごろ寝になる日もあります)

 

特に札幌文学フリマは7月開催なので、暑い中イベントを終え、

ここでまったりとお風呂に入って岩盤浴を堪能すると本当に楽園でした。

お風呂は朝も入れますし、品揃え豊富な漫画コーナーもあったりします。

 

予約もいらないし、思い立った時に泊まれるので、知っておくと

重宝する宿泊施設です。

(さらに余談ですが、札幌で有名アーティストのライブなどがある

日はここも混雑するので、重なる日程の際はお早めに。)

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin