読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

「虎の巻(「芸事などが上達する秘訣を記した書」)」には及ばないけど、でも、ほんとのことだけ記していくよ! 小説同人誌にまつわるそんな心意気を、もりもりこめたブログです。

即興のテーマに沿って書く。

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

 

確か先月、たまたまテレビで「サワコの朝」を観る機会が

あったのですが、その日のゲストは湊かなえさんでした。

 

全体のお話も、とても参考になったりうなずける内容だった

のですが、中でも特に面白かったのが

「即興のテーマに沿って書く」ことを湊さんがおこなったシーン。

 

「ちょっと、『サワコの朝』ってテーマで書いてみてください」

というような打診が阿川さんからあって、それに

「いいですよ」

と湊さんが応じ、その場で用意された原稿用紙にペンで書いて

いきます。

 

できあがった作品は番組内で紹介されたのですが、

わたしも、これはいいなーと思いながら視聴していました。

 

小説同人誌で活動しているかたは普段から、あるテーマやお題に

沿って作品をつくることには慣れている人もいると思うのですが、

この、即興で仕上げるライブ感というのもすごくエキサイティング

だと感じました。

 

細部にこだわっていたらぱっと仕上げられないし、

大ざっぱ過ぎても作品になりません。

自分の作品をうまいこと凝縮させる、形成させる、と

いうトレーニングには最適だと思います。

 

 

自分で即興テーマを用意するとタイムラグを得られてしまうので、

友人とテーマを指定し合ったり、

「開いた本の1行めの単語」とランダム要素をテーマにするなど、

工夫しながらやってみると楽しいですね。

 

 

関連記事

文章をいきいきさせるには、リアルタイム描写が効く。 - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

 

 

猫宮ゆり

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

7月9日札幌文学フリマ、参加致します。

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

先日は、東京へスパコミ参加で遠征してきたのですが

今年7月9日の札幌文学フリマも決定しました。

 

第二回文学フリマ札幌 え-18 花月フロレアル

第二回文学フリマ札幌 出店者(サークル)リスト - 文学フリマWebカタログ+エントリー

こちらは、猫宮ゆり名義で参加致します。

 

気になるサークルさんもあり、今からとても楽しみです。

 

またこちらのブログも、折を見て更新して参ります。

 

猫宮ゆり

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

印刷所レビュー・ワンブックスさん(RED TRAINさん)

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

 

印刷所レビュー、今回はワンブックスさん。

 

ワンブックスさんは、株式会社RED TRAINさんの中の

サービスで、

「1冊でも100冊でも単価が同じ」

「1冊から本がつくれる」

という趣旨で脚光を浴びていますね。

 

利用方法は、ワンブックスさんのサイト内予約フォームから

まず予約を入れます。

最近、非常に人気が沸騰していて、予約日は1か月前から

確保できるのですがあっという間に埋まってしまうので、

希望の日を押さえられない場合も多いです。

イベント合わせで使いたい時などは、よほど気合いを入れて

予約を勝ちとらないと難しいでしょう。

また、生産も追いつかないほどの状態が続いているため、

納品までの期間も規定よりかかると思っておくと無難です。

(わたしは今回、自宅納品で入稿から発送まで所要日数14日でした)

 

予約時は仕様などは暫定でOK。

だいたいのページ数と希望の用紙を選択して、

申し込みます。

 

予約日に入稿し、変更点などがあればその時に申し出ます。

 

ワンブックスさんは以前は、印刷の質がちょっと……という

声もあったようですが、2015年に印刷機を入れ替えたそうで、

現在の品質はかなり高いと感じました。

もちろんオンデマンドですが、カラーもモノクロも問題なく、

また本文用紙はたくさんの種類から選ぶことができるので、

個々の原稿データに合った紙を模索すると良いでしょう。

 

オリジナルの本文用紙もいろいろあり、

わたしが今回試した文庫サイズ専用のワンブックスノベル66kgは

なめらかでめくりやすい手触りでした。

 

ほんとうに1冊からつくれて、しかも他の1冊からOKの印刷所さんより

単価がむっちゃくちゃお安いので、

自分用やプレゼント用に1冊だけつくりたい、

友人との記念に2冊だけ、

などという場合にはぴったりだと思います。

(しかも文庫なら基本料金内で表紙・カバー・帯がセットです……!

カバーや帯の用紙も選べるし、オプションで遊び紙をつけたり

見返し仕様もできます)

 

逆にある程度の部数を刷るなら他社の方がお得になってくるので、

部数や用紙、装丁を考慮して使い分けると楽しいですね。

(なお、非常にお安いため、細かい原稿チェックなどは一切ないです。

よほど大幅なサイズ間違いなど、致命的な支障がない限り

そのまま工程が進められるので、原稿作成とチェックは自己責任で

念入りにしましょう)

 

それと注意点としては、帯やカバーのサイズもワンブックスさんで

指定されているけれどテンプレートなどはないので、自分で計算するか

サイズが同一の他社テンプレートを用意する必要があります。

(ワンブックスさんは他社テンプレート使用OKです)

わたしは、カバーはSTARBOOKSさん、帯はアクシス出版さんの

テンプレートをお借りしました。

 

ワンブックスさん、賢く使うとほんとうに本づくりが面白くなります。

 

ワンブックス

http://www.red-train.co.jp/onebooks

 

猫宮ゆり

 

 

 

 

印刷所レビュー・サンライズオンデマンドさん

 

こんにちは。猫宮ゆりです。

久しぶりの印刷所レビュー、今回はサンライズオンデマンドさんです。

 

サンライズさんは、大阪本社でオフセット、東京支店でオンデマンドを

受注していて、その他にも楽天市場内にちょっと印刷という

サービスを持っていたり、オンリーワンプリントサービスYassuuu!!!や

ノベルティ市場があったり、かなり大きな会社さんです。

 

もちろん評判も良く、またオフセの方では日ノ出陽子ちゃん、

オンデマの方は万次郎、Yassuuu!!!はヤッスー、

ノベルティ市場はのんちゃんなど、おもしろキャラクター展開も

なかなか多彩。

各部門のTwitterは、それぞれのキャラクターが更新しているかたちに

なっていて、親しみが持てます。

 

今回は、サンライズオンデマンド部門のレビューを。

 

サンライズさんでは、まず会員登録して、マイページから

入稿予約や見積もりできるシステムになっています。

会員だと利用金額に応じて次回使えるポイントもたまりますし、

再版も入稿履歴から手軽に申し込めます。

 

わたしは今回は、オーソドックスなオンデマンドセットPPを

利用しました。

アートポスト表紙にクリアPPかマットPPを料金内でかけて

もらうことができるものです。

今回はマットPPでお願いしましたが、さらっとしていて

とてもきれいにかかっていました。

 

遊び紙は指定の色上質なら料金内、その他だとオプション価格に

なります。

本文用紙は上質90kgかコミックルンバ各色を選択できます。

わたしはコミックルンバの方がオンデマ特有のテカリを

抑えられるという声を見かけたので、ルンバホワイトにしました。

 

印刷はきれいで、オフセットとは確かに違いますが、

気になるものではありません。

 

また、スタッフのかたの対応が非常に迅速で親切、

入稿したらすぐにデータチェックのお電話をいただけました。

細かい点まで気づいてくれて、とても親身になってくださいます。

 

サンライズさんのマイページでは、印刷工程の進み具合などは

確認できないのですが、完成のあと納品に関する連絡はメールで

もらうことができます。

また、サンライズさんはメールでの問い合わせでも返答が早く、

その点もとても便利だと思います。

 

また、原稿はデータもアナログもOKで、1ページ単位で

データアナログの混在ができる点も、ポイントが高いですね。

 

それと、pixivプレミアム会員だとサービスでポストカードも

発注分と同じ数量刷ってくれるので、

その時だけプレミアム会員になっておくのもアリですね。

このポストカードの紙はサンライズさんにおまかせなので、

特殊紙に刷ってもらえたりもしますよ。

 

送料がセット料金と別計算なので、体感的に少しお高いような

気がするかもしれませんが、

対応の親切さと品質を考えるとそう高い設定でもないと思います。

時々お得なフェアもやっていますので、チェックすると良いですね。

 

サンライズオンデマンドサービス

http://www.sunrise-os.com/

 

 

猫宮ゆり

 

 

 

 

 

 

 

基本の基本、原稿テンプレートの開きかた

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

ゼロから小説同人誌をつくる際、

意外とよくわからないのが、データ原稿のテンプレートの

開きかた。

 

テンプレートとは、各印刷所さんが配布しているもので、

それにしたがって表紙や本文の事務ページを作成すれば

サイズぴったり、解像度もカラーモードも心配なく、

文字や絵柄が切れてしまう懸念もないという

すぐれものです。

 

が、小説で活動しているいわゆる字書きさんの場合、

Wordのテンプレートならよくわかるけど

表紙や事務ページに使うやつはよくわからないから、

表紙も事務ページもWordでつくって全部PDFで入稿……と

いうかたも多くおられます。

 

もちろん、Wordでも素敵な原稿がつくれますし、

文字だけのデザインなども高潔で美しいですから、

まったく問題はありませんが、もし

「よくわからないから」

「難しそうだから」

「自分にはできないだろうから」

だけでチャレンジしないのだとしたら、

ちょっとばかりもったいないかもしれません。

 

わたし自身も以前はそう思っていましたが、

少しずつやっていくとほんとうに世界が拡がりました。

作品に表したいことを、表紙や事務ページにも

込められると、もうとんでもなく楽しいです。

ツールを使いこなせているかといえばそんなことはないし、

遊んでいるだけですが、自分が楽しいのが一番。

 

そこで、今回はメイキング仕様で、原稿テンプレートの

開きかたを追っていきます。

やったことがないかたも、開いてみてあれこれ文字や

装飾を入れていくと、テンションが上がると思います!

 

↓これは、以前

小一時間で、フリーソフトのメディバンペイントのみで小説同人誌の表紙を完成させるメイキング - ゼロからはじめる小説同人誌 の、猫の巻。

↑の表紙メイキングで作成したものです。

 

f:id:novel_doujin:20161211004907p:plain

 

 

必要なもの

・PCとインターネット

・原稿テンプレートを開けるツール

 

これだけです。

今はツールにスマホ版もあるようですが、わたしは

使ったことがないのでここでは割愛とします。

 

原稿テンプレートは多くの場合、PSD形式になっています。

そのため、PSDを開くことのできるツールが必要です。

Photoshopやクリスタなどですが、

フリーソフトのファイアアルパカやメディバンペイント、

GIMPも充分に使えます。

わたしも初めて使ったのはファイアアルパカでした。

 

小説サークルさんに特におすすめなのはメディバンペイントで、

これはフリーソフトな上、高機能で印刷に耐えるトーン素材も

あり、さらにフォントワークス社さんのフォントの多くを自由に

使うことができます。

Twitterのヘッダーやアイコン用画像をつくりやすい設定もあったり、

不足要素といえばCMYKにできないことだけ、というくらい、

お得で楽しいツールです。

 

ので、今回はメディバンで開いてみるメイキングです。

 

 

まずは、好きな印刷所さんのサイトへ行きます。

一例としてSTARBOOKSさんで……

 

サイトトップ下部の「テンプレートダウンロード」から進むと、

「こちらに移動しました」となっているので遷移します。

f:id:novel_doujin:20170309103621p:plain

 

テンプレートについてのページで、説明と各テンプレートの

リンクがあるので、任意のものをDLします。

メディバンの場合は、「PSD(RGB)」となっているものを

選びます。

 

 

今回は、A5表紙用背幅4㎜のものをDLしました。

データはzip圧縮されているので、まずはそれを開きます。

 

そのあとは、開いたデータから「プログラムから開く」などを

選択してメディバンに行ってもいいし、

メディバンを立ち上げてから、「ファイル」→「開く」で

該当のデータを開いてもどちらでも大丈夫です。

f:id:novel_doujin:20170309103754p:plain

無事に開くことができました。

あとは説明に沿って、好きなようにデザインしていくのみ。

最後は説明レイヤーを削除して、すべてのレイヤーを統合します。

(メディバンの場合は「ラスタライズ」です)

 

事務ページ用に使いたい場合は、本のサイズに合った「モノクロ本文」の

PSDテンプレートをDLすればOKです。

スタブさんでは単ページ用と見開き用がありますが、通常は単ページを

選びます。

メディバンでは本文原稿も、グレースケール(8dpp)か

モノクロ二階調(1dpp)を選択可能です。

 

テンプレートは、各印刷所さんによって仕様が異なりますが、

大抵の印刷所さんは他社のテンプレート使用もOKなので、

(必ず確認してください)

自分の使いやすいテンプレートを見つけておくのもいいですね。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小説原稿の執筆時環境・ツールの話。

 

こんにちは。

猫宮ゆりです。

 

 

今日のお昼の「徹子の部屋」で、

ゲストが佐藤愛子さんでしたね。

御年93歳、現役作家。

ご自身の審美眼と考え方・価値観が揺るぎなく

据わっておられるな、と感じ入りました。

 

番組の中で佐藤さんが、執筆時のことについても

少しお話でしたが、

書くのは原稿用紙にペンで、ずっと手書きを通しておられ、

そうでないと書けない、という意味のことを仰せでした。

 

ワープロで書けるかたは、頭の中に文章ができあがってるのね、

私は書かないと」

とおっしゃっていました。

 

また、仕事部屋の机のすぐ横にベッドがあり、

それだと休んでいるときに原稿で直したい箇所が思い浮かんでも

すぐ直せる、机とベッドが離れてると面倒になってそのままに

してしまうから、とのことで

それにも非常に、得心しました。

 

書くこと、文章をつくることのツールに関しては、人によって

さまざまな声がありますよね。

作家さんでも、ずっと手書き、あるいはずっとパソコンなど、

これは年代もあるのでしょうが、いろいろですよね。

 

手書きからパソコンに、何の問題もなく誰にも気づかれることなく

移行できた、という作家さんもいます。

 

 

いずれにしても、

執筆環境やツールは自分にとって使い勝手や使い心地のいいのが

一番ですね。

 

わたし自身は、小学生から20歳過ぎまでずっとノートや原稿用紙に

手書きで、

その後20代半ばで携帯サイトをはじめ、ガラケーで文章を打つように

なった当初、やはり全く勝手が違っていて苦しみました。

ガラケーの画面で横書きで小説を打つ、ということが

当時は非常に苦痛でしたね。

 

それから、ガラケーに馴染んだあと、パソコンで作品をつくるように

なりましたが、これがまた慣れなくて(;^ω^)

こう、思考ゾーンにあるものを引っ張ってくる際に、キーボードを

打つ手先と全く連携がとれなくて、慣れるまで大変でした。

 

 

現在は支障なくなりましたし、それに紙と違ってデータ原稿だと、

簡単に原稿の控えをとれるのは素晴らしいですよね。

原稿用紙時代は、コピーをとるのも枚数が多いとお金も時間も

かかったし、それゆえ自分の手元に過去作はほとんど残っていません。

 

 

いずれにしても。

自分に合った環境とツールを整えて、原稿に向かうことができると

いいですね(*´▽`*)

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin

 

 

 

 

小説同人誌の、価格設定の話。

 

こんばんは。

猫宮ゆりです。

 

折に触れて話題になる、同人誌の価格について。

こればっかりはほんとうに、唯一無二の正解もないし、

こうするべきという指針もない。

でも、

なんとなく暗黙の了解的に、各ジャンルによって

相場のようなものも存在している……。

 

そんな感じでしょうか。

ユリお姉はどう思う?

 

 

ユリお姉>

そうねー。

これもほんっとに、ある意味、永遠のテーマよね。

みんなが悩むのもわかるもの。

「自分のサークルだけ周りより高いと思われたらどうしよう」

とか、

「かといって安すぎて周りから迷惑がられてたらどうしよう」

とか、

ぐるぐる考えちゃいやすいポイントがいっぱいあるもんね。

旬ジャンルは旬ジャンルで、比較対象になるものがたくさん

あるから気つかうし、

マイナーはマイナーで、「あんま高くしたらまずいかな」とか、

なんか、そんな空気あるしね。

 

 

やっぱり、特に女性向けサークルさんや女性が多いジャンルは、

あれこれ気をつかう場面が増えがちですね。

ユリお姉は、どうやって本の価格決めてる?

 

 

アタシの場合は、自分の本の値段で迷うことはないから、

早いわよ。

超単純に、A5の本ならページ数で考えて、

たとえば表紙込み76ページなら700円。

46ページなら400円。

86ページなら800円よ。

 

けど、仮に表紙込み50ページだったら、400円にする時と500円に

する時がどっちもあるわね。

事務ページがほとんどない50ページなら500円にしちゃうし、

事務ページが多めの50ページなら400円にしとく。

あと、特殊加工や特殊装丁は関係なしね。

それをやるのは創り手の自己満足だから、価格には上乗せしないわね、

アタシは。

 

それと、再録だったら-100円、アンソロとかもおおよそ-100円。

 

あ!オフセかオンデマかコピー本かは、価格を考える上で

関係ないと思ってるわっ。

コピ本だから安くしなきゃとか萎縮することないわよ。

 

 

ああ、それはわかりやすいね(*´▽`*)

あと、他に気をつけてることとかある?

 

 

そうね、あとは、

「全部売れても赤が出る勘定ではつくらない」

ってことかしら。

アタシにとっては、本づくりや同人活動は、

長く続けていきたいことだから、

やっぱりそういう部分で赤が多いと、継続してくことが

だんだん難しくなっちゃうじゃない?

 

オフセットである程度の数を刷れる時はともかく、

マイナーCP本をオンデマンド少部数で出したい時なんかは、

ちょっと装丁凝ると1冊あたりの単価がぶっ高くなっちゃう

でしょ。

そこらへんをいろいろ工夫して、凝りつつ赤を出さないラインを

探る感じね!

 

少部数の時は、1冊からOKな印刷所さんでつくりたい数より

ちょびっとだけ少なめにお願いして、

余部で総数を足らすようにしたり、

超マイナー嗜好ものだったら事前に希望を募って、受注生産スタイルに

するとかも無駄がなくてレア感もあってアリよね(*'ω'*)

あと、トータルで考えるようにして、今回は箔押ししちゃったから

次はシンプルな本にしようとか、年間単位でうまいこと帳尻を

合わしてくってのもいいと思うわ。

 

そうやって、負担のないかたちで本をつくるようにすれば、

より長く楽しく続けられるでしょ。

あと、本の中身もそうだけど人と比べないってことね。

比べたってどーしよーもないでしょ。

自分で決めんのよ。

 

 

なるほど!

確かにね。

 

 

あっ、ただ、今ちょうど時期だから言うけど、

同人活動も一定以上の売り上げがあったら、ちゃんと確定申告しなきゃ

ダメよ!

隠してると、どっかからばれるらしいからね……

それは、気をつけてね。

アタシとの約束よっ☆

 

あと、一次創作はともかく、原作のある二次ではやっぱり、

あまりにも売れちゃうと(利益が出ちゃうと)いろいろ、

やっぱりまずいから、数百部以上はける人はちょっと工夫したり、

気をつけたほうがいいとは思うわね。

 

じゃあまたね!(*'ω'*)

 

 

それらの辺りは本当に大事なところですよね。

うっかり、のないように……。

そこは気をつけて、楽しく同人活動を続けたいですね。

 

 

猫宮ゆり

ゼロからはじめる小説同人誌

http://noveldoujin.wixsite.com/novel-doujin